現在位置:
日本郵政ホームの中の
社長室通信 Vol.1

社長室通信
Vol.1

日本郵政株式会社 増田社長

増田社長と郵便局社員とのオンラインミーティングを開催しました 増田社長と郵便局社員とのオンラインミーティングを開催しました

6月11日(木曜日)増田社長と郵便局社員との意見交換会をオンラインで開催しました。
今回の参加者は、東京都内で窓口を担当している社員8名です。

テーマである「日本郵政グループにて新しく開始した方が良いと思う取り組み」(お客さまの声から気付いた必要性または業務改善等)を中心に活発な意見交換が行われました。

社員からの主な意見

  • 郵便局の仕事は、地域で頼りにされ、お客さまの人生に寄り添える崇高な仕事だと誇りを持って働いている。
  • 仕事を楽しめる環境があり、郵便局内のチームワークが大変良いので、お客さまを大切にできる。
  • 限りある郵便局窓口のスペースや人員等を勘案し、お客さまに本当に必要とされる業務・サービスを厳選して提供したい。
郵便局社員

増田社長からのコメント

  • 郵便局内のチームワークは非常に重要。それが地域のお客さまからの信頼にもつながる。管理者の努力の賜物だと思う。
  • 業務・サービスの棚卸しは、お客さまにとっての必要性はもちろん、社会インフラとしての役割を意識して行う必要がある。

社員からの主な意見

  • 社員がしっかりとお客さま対応できるよう、システム環境を整えてほしい。
  • 結婚・出産・育児は個人の問題であり、一概には言えないが、男性社員の育休取得率がより高まるなど、更なる働き方改革に取り組んでほしい。
  • 郵便局ごとにお客さまのニーズが違うため、エリアや各郵便局に合ったサービスを提案できるようにしたい。
  • リアル店舗とバーチャルの融合が必要。
郵便局社員

増田社長からのコメント

  • お客さま向け、社員向けのシステム改善は、早急に進めなければならない。思いは一緒。
  • 男性の育休取得を推進する等、会社として介在する余地はあると思う。
  • 全郵便局一律ではなく、柔軟に各郵便局が状況を判断し、責任を持って行動できるような方法も検討したい。

オンラインミーティング
参加者の感想

参加者
オンラインでもスムーズにやり取りできたので、特に違和感はなかったです。また、私が普段思いつかないような意見も聞くことができて、すごい刺激になりました。
増田社長と話すのは、すごく緊張しましたが、私の発言にも丁寧に答えていただき感激しました。(30代女性社員)
参加者
私自身は今まで社長に現場の現状をお伝えできる機会というのは一度もなく、もちろん一社員が何かを言ったところで伝わらないと思っていました。しかし、増田社長は一つ一つ私たちの提案に丁寧にお応えいただき、今後、郵便局でよりお客さまに寄り添ったサービスが提供できると期待を持つことができました。(40代男性社員)

増田社長からのコメント

増田社長
貴重な意見を聞くことができ、感謝しています。具体的な話を聞く中で、改めて多くの課題があると認識しました。リモートを使えば、私との対話もそうですが、地域を超えて、広い範囲で話ができる。若い社員の発案で、こういうことができるような、風通しのよい社風に、現場の意見を起点に会社を変えていけるようにしたい。
 
着任以降、フロントラインに赴き社員の皆さまと意見交換してきたが、コロナの影響で2か月間出来ない期間があった。今後はオンライン等を活用し、頻繫にフロントラインに触れていきたい。皆さんの意見にお返しをするのが我々の役割。

今後も日本郵政グループのフロントライン社員と増田社長の意見交換を定期的に行ってまいります。
開催模様については、随時発信していきますので、ご注目ください。