グループ各社におけるJP行動宣言の推進・浸透策について

私たち日本郵政グループは、ステークホルダー(お客さま、社会、社員)の期待に応えていくため、全社員・役員がJP行動宣言に基づいた行動を実践できるよう、様々な取り組みを行っています。

また、各組織においてトップの思いを直接伝える「トップダウン」、社員自らが考え、提案、実践していく「ボトムアップ」、さらにミドル層が自発的に行動し、組織全体の流れを作ることを意味する「ミドルアップダウン」の観点を踏まえた取り組みを行うことで、JP行動宣言を一層グループに浸透させ、更なるグループの成長につなげていきます。

具体的な取り組みについて

トップダウンの観点【トップの思いを全社員・役員に発信】

  • JP行動宣言運用開始(2022年7月4日)に合わせて、日本郵政社長から「JP行動宣言をグループ統一の企業行動基準として全社員・役員の行動を変えていく必要がある」とのトップメッセージをグループ全社員・役員に発信した
  • 日本郵政グループの経営理念と、それを実践するためのポイントを解説した「経営理念ハンドブック」にJP行動宣言の内容を盛り込み、2022年6月下旬からグループ全社員・役員に配付した

ミドルアップダウンの観点【未来を担うミドル層が組織の中心で活躍】

  • 経営理念やJP行動宣言を推進・浸透させるための研修等を実施中
  • グループ各社のミドル層で構成するチームを設置し、新たなJP行動宣言の推進・浸透策を検討予定

ボトムアップの観点【社員自ら考えて実践】

  • JP行動宣言運用開始(2022年7月4日)に合わせて、日々の業務の中におけるJP行動宣言に沿う行動や沿わない行動について、社員が「気づき」を投稿できる「『JP行動宣言』みんなの投稿箱」を、Webサイトに設置した
  • お客さまとの接点である郵便局社員と社長、役員等との意見交換を実施予定
  • 各職場でJP行動宣言に沿った行動をしている社員を他薦し、朝礼等を活用して共有中(さらに各職場の取組事例を収集し、社内で横連携する予定)
  • 社員間のコミュニケーション手段として有効であるWeb会議の便利機能や連絡事項を定期的に情報紙で発信中
  • 職場単位でのミーティングにおいて「JP行動宣言」についてのディスカッションを実施予定
具体的な取り組みについて