現在位置:
日本郵政ホームの中の1
調達情報の中の3
グループの調達活動に関する考え方

グループの調達活動に関する考え方

日本郵政グループは、以下の考え方に沿って調達活動を実施します。

日本郵政グループの調達活動に関する考え方

1. オープンで公平・適正な調達

  • 幅広く門戸を開放し、お取引先さまに公平に参入の機会を提供します。
  • お取引先さまの選定は、品質、価格、納期、技術、経営状況などを総合的かつ適正に評価した上で決定します。

2. 法令・社会規範の遵守

  • 関連するすべての法令や社会規範を遵守し、誠実な調達活動を実施します。
  • 調達活動において、市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力との関係を遮断します。

3. 環境への配慮

  • 地球及び地域の環境保全や資源の有効活用に配慮した調達活動を実施します。

4. 信頼関係の構築

  • お取引先さまとの良好なコミュニケーションにより、強い信頼関係を築き、共に発展することを目指します。
  • 調達活動を通じて知り得たお取引先さまの情報を適切に管理します。

5. お取引先さまへのお願い(国連グローバル・コンパクトの遵守)

  • 当グループは、国連グローバル・コンパクトに定める4分野(人権、労働、環境、腐敗防止)10原則を支持し、CSR調達活動に取り組んでいます。お取引先さまにもご理解の上、積極的なご協力をお願いいたします。
    国連グローバル・コンパクトの10原則