現在位置:
日本郵政ホームの中の
CSRの中の
ステークホルダーエンゲージメント

ステークホルダーエンゲージメント

日本郵政グループのステークホルダー

日本郵政グループは、お客さまや地域社会などあらゆるステークホルダーの皆さまのお役に立てる「トータル生活サポート企業」を目指しています。そのため、ステークホルダーの皆さまから当グループに対する要請や期待を、対話などを通じて的確に把握し、それらに応えていくことが重要だと考えています。

有識者ダイアログの実施

有識者ダイアログ風景

2017年8月、3名の有識者を日本郵政本社にお招きし、有識者ダイアログ(有識者懇談会)を実施いたしました。有識者の方々からは、日本郵政グループのCSRが目指すべき方向性や改善すべき課題など中心に、当グループの経営環境を取り巻く国内外の変化や、ステークホルダーの視点など、幅広い見地からご意見をいただきました。

日本郵政グループは、いただいたご意見を活かし、さらなるCSR活動の強化に努めてまいります。

NPO/NGOダイアログの実施

NPO/NGOダイアログ風景

2017年9月、環境分野のNPO/NGOのメンバー3名をお招きし、「低炭素社会の実現に向けて日本郵政グループが取り組むべき課題」をテーマにダイアログを実施いたしました。環境NPO/NGOの方々からは、現状のグループの環境に関する改善すべき課題や目指す方向性について、様々な貴重なご意見をいただきました。

環境面においても社会からの期待に応えるべく、さらに活動を進めていきます。

「お客さまの声」を経営に生かす取り組み

グループ各社のお客さま満足推進担当部署(注1)では、郵便局、支店、コールセンター、Webサイトなどにお寄せいただいた「お客さまの声」を集約・分析し、必要な改善を行い、お客さまにご満足いただける商品・サービスなどの提供に取り組んでいます。
また、日本郵政お客さま満足推進部では、グループ各社への「お客さまの声」を経営に生かす取り組みを検証しています。

注1 グループ各社のお客さま満足推進担当部署
日本郵便 総務部社会貢献・CS推進室
ゆうちょ銀行 お客さまサービス推進部
かんぽ生命 お客さまサービス統括部

CSRアンケートの実施

日本郵政グループは、ステークホルダーの皆さまから幅広くご意見をいただくために、CSRに関するアンケートを実施しました。2016年に発行した「社会・環境レポート2016」に関するアンケートでは、お客さまやお取引先、従業員から合計1,526件の回答が集まりました、いただいたご意見・ご感想については、グループ内で共有し、日々の事業活動やCSRレポートの改善につなげてまいります。

関連情報