外部からの評価

ESGインデックス

FTSE Blossom Japan Index

日本郵政、ゆうちょ銀行およびかんぽ生命保険は環境、社会、ガバナンス(ESG)について優れた対応を行っている日本企業が選定され、年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)がESG指数として採用している「FTSE Blossom Japan Index」の構成銘柄に選定されています。詳しくは、以下のページをご覧ください。詳しくは、以下のページをご覧ください。

FTSE4Good Index Series

日本郵政、ゆうちょ銀行およびかんぽ生命保険は世界的なインデックスプロバイダーであるFTSE Russellが作成した、環境・社会・ガバナンス(ESG)に優れた企業のパフォーマンスを測定するために設計された「FTSE4Good Index Series」の構成銘柄に選定されています。詳しくは、以下のページをご覧ください。

FTSE Blossom Japan Sector Relative Index

ゆうちょ銀行およびかんぽ生命保険は「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」の構成銘柄に選定されています。
「FTSE Blossom Japan Sector Relative Index」は各セクターにおいて相対的に、環境、社会、ガバナンス(ESG)の対応に優れた日本企業のパフォーマンスを反映するインデックスです。セクター・ニュートラルとなるよう設計されており、低炭素経済への移行を促進するため、特に温室効果ガス排出量の多い企業については、TPI(Transition Pathway Initiative)経営品質スコアにより改善の取組みが評価される企業のみを組み入れています。詳しくは、以下のページをご覧ください。

  • 企業の温室効果ガス排出量および低炭素への移行に関連するリスクと機会の管理の質を評価するもの。

ISS ESG Prime Status

日本郵政およびかんぽ生命保険はISS ESGによる「ESG コーポレートレーティング」にて「Prime Status」に認定されています。ISS ESGでは、企業の取り組みを環境 (Environment) 、社会 (Social) 、ガバナンス (Governance) の観点でISS ESGが評価し、各業界内で高い評価を受けた企業を「Prime Status」に認定しているものです。
詳しくは、以下のページをご覧ください。

CDP

日本郵政は国際環境非営利団体であるCDPの調査「2022年CDP 気候変動質問書」において、「A−(マイナス)」(リーダーシップレベル)の評価を受けました。

S&P/JPX カーボン・エフィシェント指数

日本郵政、ゆうちょ銀行およびかんぽ生命保険はS&P社が選定する株式指数「S&P/JPX カーボン・エフィシェント指数」の構成銘柄に、採用されています。環境情報の開示状況、炭素効率性(売上高当たり炭素排出量)の水準に着目したものです。詳しくは、以下のページをご覧ください。

MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)

ゆうちょ銀行およびかんぽ生命保険はMSCI社により作成された性別多様性に優れた企業で構成されるインデックス「MSCI 日本株女性活躍指数(WIN)」の構成銘柄に選定されています。詳しくは、以下のページをご覧ください。

■ディスクレーマー
THE INCLUSION OF JAPAN POST BANK Co., Ltd. AND JAPAN POST INSURANCE Co., Ltd. IN ANY MSCI INDEX, AND THE USE OF MSCI LOGOS, TRADEMARKS, SERVICE MARKS OR INDEX NAMES HEREIN, DO NOT CONSTITUTE A SPONSORSHIP, ENDORSEMENT OR PROMOTION OF JAPAN POST BANK Co., Ltd. AND JAPAN POST INSURANCE Co., Ltd. BY MSCI OR ANY OF ITS AFFILIATES.THE MSCI INDEXES ARE THE EXCLUSIVE PROPERTY OF MSCI. MSCI AND THE MSCI INDEX NAMES AND LOGOS ARE TRADEMARKS OR SERVICE MARKS OF MSCI OR ITS AFFILIATES.

ブルームバーグ男女平等指数(Bloomberg Gender-Equality Index)

ゆうちょ銀行はジェンダーに関する情報開示と男女平等への取り組みに優れた企業として、「ブルームバーグ男女平等指数(Bloomberg Gender-Equality Index)」に選定されています

  • 2023年は45の国と地域から484社(うち日本企業15社)が選定されました。
    詳しくは、以下のページをご覧ください。

その他の外部評価

こども環境学会賞

日本郵政グループが特別協賛している、特定非営利活動法人子どもの森づくり推進ネットワークが取り組む「JP子どもの森づくり運動東北復興グリーンウェイブ」が、「2019年度(第15回)こども環境学会賞」において、「活動賞」を受賞しました。
詳しくは、以下のページをご覧ください。

国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)

JP子どもの森づくり運動「東北復興グリーンウェイブ」が国連生物多様性の10年日本委員会(UNDB-J)から連携事業に認定されました。詳しくは、以下のページをご覧ください。

グリーン物流パートナーシップ会議優良事業者表彰特別賞

日本郵便と西濃運輸株式会社、日本通運株式会社、ヤマト運輸株式会社の4社による、スーパーフルトレーラSF25を活用した関東-関西間における共同幹線輸送が、第18回グリーン物流パートナーシップ会議優良事業者表彰特別賞を受賞しました。詳しくは、以下のページをご覧ください。

環境性能評価システム「LEED-CI(Commercial Interiors)」

日本郵政は、大手町本社移転に際して世界レベルの環境性能を備えたオフィススペースの導入を目指し、取り組んできました。この点が評価され、LEED-CIにおいてゴールド認証を取得しました。詳しくは、以下のページをご覧ください。

日本子育て支援大賞

日本郵便がお子さまに手紙や郵便局のことを楽しく学んでいただくことを目的として運営している「ゆうびんきょくキッズサイト」が、一般社団法人 日本子育て支援協会の主催する 2021 年度「日本子育て支援大賞」を受賞しました。詳しくは、以下のページをご覧ください。

共働き子育てしやすい企業ランキング2022

ゆうちょ銀行は、日経xwoman DUALの調査「共働き子育てしやすい企業ランキング2022」において第1位を獲得。詳しくは、以下のページをご覧ください。

  • 記事の全文をご覧いただく場合、日経xwoman会員登録(無料)が必要です

令和3年度「なでしこ銘柄」

ゆうちょ銀行は、「女性活躍推進」に優れた上場企業として経済産業省、東京証券取引所から選定。詳しくは、以下のページをご覧ください。

プラチナくるみん

ゆうちょ銀行およびかんぽ生命保険は「子育てサポート企業」としてより高い水準の取り組みが評価され厚生労働省から2019年2月に認定。詳しくは、以下のページをご覧ください。

えるぼし

ゆうちょ銀行およびかんぽ生命保険は「女性の活躍に関する取組の実施状況が優良な企業」として評価され厚生労働省から認定。詳しくは、以下のページをご覧ください。

健康経営優良法人2023(大規模法人部門) ホワイト500

日本郵政およびゆうちょ銀行は経済産業省、日本健康会議から優良な健康経営を実践している法人として認定。詳しくは、以下のページをご覧ください。

健康経営優良法人2023(大規模法人部門)

かんぽ生命保険は、経済産業省が制度設計を行い、日本健康会議が、健康課題に即した取り組みや健康増進に向けて特に優良な健康経営を実践している企業を認定する「健康経営優良法人(大規模法人部門)」に6年連続で選定されました。

PRIDE指標 GOLD 2021

「PRIDE指標2023」ゴールド

日本郵政グループは、LGBTQ+などへの取り組みの評価指標において最高評価を獲得。
詳しくは、以下のページをご覧ください。

日経スマートワーク経営調査

働き方改革を通じて生産性革命に挑む先進企業を選定する第7回日経スマートワーク経営調査において、日本郵政およびゆうちょ銀行は3.5星、かんぽ生命保険は2.5星に認定。
詳しくは、以下のページをご覧ください。

日経SDGs経営調査

環境・社会・経済の課題解決(SDGsへの貢献)に対する企業としての姿勢と各社で展開するSDGsに関連するビジネスの内容を総合的に調査する「第5回日経SDGs経営調査」において、日本郵政は3星、ゆうちょ銀行およびかんぽ生命保険は3.5星に認定。詳しくは、以下のページをご覧ください。

  • 郵便局の魅力を発信するメディア JP CAST 「サステナビリティ」記事一覧