現在位置:
日本郵政ホームの中の
CSRの中の
地域社会と共にの中の
金融教育

金融教育

学年別オリジナル教材

ゆうちょ銀行は、小・中学生を対象に、学校への出前授業などの金融教室を開催しています。

オリジナルの教材を使用して、お金の大切さ、お金との付き合い方を伝えることで、子どもたちが正しい金銭感覚を身に付けられるよう育成をお手伝いしています。

電子マネーの普及など、お金に関して子どもを取り巻く環境が大きく変わっている中、青少年がお金のトラブルに巻き込まれるケースが増えていることから、社会の各方面から金融教育を求める声が高まっています。
地域の中で伸び伸びと育つ子どもたちにお金の大切さを伝え、お金との付き合い方をしっかりと学んでもらうこと、それこそが地域に根ざした金融機関であるゆうちょ銀行が果たすべき社会的責任であると考えます。
2017年度は、63校の小・中学校などで計109回の金融教室を開催しました。

出前授業の様子

「金融教育」の取り組みは、動画でもご紹介しています。

関連情報