現在位置:
日本郵政ホームの中の
CSRの中の
SDGs達成に向けた取り組み

SDGs達成に向けた取り組み

SDGs(持続可能な開発目標)は、2015年9月に「貧困に終止符を打ち、持続可能な未来を追求する」ことを掲げて国連総会で採択された世界共通の目標です。2030年までに地球規模の課題を解決するべく、17の目標と、それらを達成するための具体的な169のターゲットが示されています。

日本郵政グループは、「日本郵政グループCSR基本方針」で掲げる主要テーマである 「地域社会」・「地球環境」・「人」の3分野について、「CSR重点課題(マテリアリティ)」を選定し、SDGsの各目標と連動した活動を推進しています。さらに、経営戦略とSDGsへの取り組みの統合を図るべく、2018年5月に発表した「日本郵政グループ中期経営計画2020」において、SDGsを経営戦略の枠組みに取り入れています。

日本郵政グループ各社の取り組み
SDGs達成に向けた取り組み-日本郵便
SDGs達成に向けた取り組み-ゆうちょ銀行
SDGs達成に向けた取り組み-かんぽ生命

社内外への展開

(画像)日本郵政グループ SDGs Book

SDGsに関する従業員の理解浸透を図るため、グループ全従業員に配布する社内報において、日本郵政グループと社会の持続可能性との関係やグループが事業を通じてSDGsに取り組む意義、具体的な取り組み事例などを詳しく紹介しました。
また、株主や投資家の皆さまにSDGsや当社グループの取り組みに対するご理解を深めていただくため、「日本郵政グループ 統合報告書」を発行したほか、2018年10月には小冊子『SDGs Book』を発行し、郵便局等にご来店されるお客さま等にも積極的に情報発信を行っています。

「日本郵政グループ中期経営計画2020」におけるSDGs 達成に向けた取り組み・目標

重点課題 目指す姿 取り組み 2020年度目標

1 ユニバーサルサービスの提供

お客さまの生活を最優先し、社会の重要なインフラである郵便局ネットワークを基盤に、お客さまの人生のあらゆるステージで必要とされる商品・サービスを提供する
  • 郵便局ネットワークの維持とユニバーサルサービスの提供
  • 継続的な郵便局ネットワークによるユニバーサルサービスの提供

地域社会と共に

2 地域社会の発展・活性化

3 次世代育成

4 健康的な暮らしの促進

誰もが安心して健やかに暮らせる、安全で豊かな社会、そして、それを未来へと引き継いでいく持続可能な社会をつくる
  • 地方公共団体との連携強化
  • 郵便局のみまもりサービスの拡大
  • かんぽプラチナライフサービスの推進
  • 手紙振興
  • 金融教育(小学校等への出前授業、ゆうちょアイデア貯金箱コンクール)
  • ラジオ体操の普及推進
  • 郵便局のみまもりサービス等の推進継続

地球と共に

5 温室効果ガス排出量の
削減

6 資源の有効利用と廃棄物の削減

気候変動や地球温暖化に配慮し、企業活動を通じて積極的に社会に貢献する
  • 緑地整備による地域コミュニティの再生
  • 無通帳型総合口座の口座数に応じた環境保全団体への寄附の実施
  • 「ご契約のしおり・約款」のWeb版の提供に伴う寄附の実施
  • CO2排出量2016年度比
    ▲4.7万t(4.4%減)

人と共に

7 人材の育成

8 働き方改革

従業員一人ひとりがいきいきと能力を十分に発揮し活躍できる
  • キャリアパスに応じた研修(階層別、フロントラインリーダー研修等)
  • グループ合同研修(総合職転換者研修、新任役員研修等)
  • 女性活躍推進(女性の役職者登用等)
  • 障がい者雇用の推進
  • 性の多様性(LGBT)の理解促進
  • 育児休業・介護休業取得推進
  • 働き方改革(労働時間削減等)
  • 従業員の健康保持・増進
  • 女性管理者比率
    日本郵政:11%以上
    日本郵便:10%以上
    ゆうちょ銀行:14%以上
    かんぽ生命保険:14%以上
  • 障がい者雇用率グループ
    目標2.5%の達成維持

9 公正な事業慣行

経営の透明性を自ら求め、規律を守り、社会と地域の発展に貢献する
  • グループコンプライアンスの徹底
  • 反社会的勢力との関係の遮断
  • 部内犯罪件数ゼロ
  • 反社会的勢力との関係遮断の継続

外務省SDGsロゴ

日本郵政グループのSDGs達成に向けた取り組みは、外務省のWebサイトで「オールジャパンとしてのSDGs達成に向けた取り組み」のひとつとして紹介されています。

JAPAN SDGs Action Platform(外務省のWebサイトが開きます)

関連情報