現在位置:
日本郵政ホームの中の
CSRの中の
JP子どもの森づくり運動の中の
東北復興グリーンウェイブの植樹会が開催されました

東北復興グリーンウェイブの植樹会が開催されました

日本郵政グループが特別協賛している『JP子どもの森づくり運動「東北復興グリーンウェイブ」(注1) (注2)』(NPO法人子どもの森づくり推進ネットワーク(子森ネット)が運営)の植樹会が、2019年5月22日(水曜日)に岩手県の山田町と宮古市、福島県伊達市でそれぞれ開催されました。

(注1)

  1. この活動は、東日本大震災の被災地の園児が拾ったドングリを、全国の幼稚園・保育園・こども園に送り、園児が育て、3年目、大きくなったドングリの苗木を、郵便のネットワークを利用して被災地に戻し、5月22日のグリーンウェイブの日に、東北復興の願いを込め、被災地の園児が植えるものです。

(注2)

  1. グリーンウェイブとは、国連が定める「生物多様性の日(5月22日)」に世界各地の青少年がそれぞれの地域で植樹などを行い、地球上に緑の波(グリーンウェイブ)を作る活動です。

岩手県山田町の新生やまだ商店街での記念植樹

岩手県山田町の「新生やまだ商店街」で記念植樹が行われました。山田町では、2014年の活動開始から毎年、全国から届けられたドングリの苗木を数本、山田町の復興の拠点である「新生やまだ商店街」に植樹しています。今年の記念植樹には山田町の吉田副町長にもご参加いただき、山田町第一保育所の代表園児4人によってドングリの苗木2本が記念植樹されました。

新生やまだ商店街での記念植樹に参加された皆さん

記念植樹には山田町第一保育所の4人が参加してくれました

河内森林インストラクターから苗木の植え方の説明を受けました

苗木を植えて周りに土をかけました

大きく育つように願いを込めて苗木の周りをしっかり固めました

岩手県宮古市のあかまえこども園での植樹会

岩手県宮古市のあかまえこども園(旧赤前保育園)で行われた植樹会は、あかまえこども園と津軽石保育所の園児30人が参加して、あかまえこども園の園庭に作られた苗畑に、ドングリの苗木15本を植えました。あかまえこども園での植樹は今年で2回目となり、みんなで「おおきくなぁれ!」と声をかけながら園庭に苗を植えました。

あかまえこども園での植樹会に参加した皆さん

あかまえこども園での植樹会の様子

あかまえこども園と津軽石保育所の子どもたちが参加しました

あかまえこども園の小関園長からお話がありました

津軽石郵便局の青山局長があいさつしました

3人ずつのチームで苗木を植えました

苗木を植える場所の土をみんなで掘り起こしました

植木鉢から苗木を取り出して植えていきました

福島県伊達市の伊達こども園での植樹会

福島県伊達市で行われた植樹会は、伊達こども園の年長児58人が参加し、福島県や伊達市などの関係者のほか、グリーンウェイブ大使「ミス日本みどりの女神」の藤本さん、東北復興グリーンウェイブアンバサダー「どんぐり~ず」も参加して、ドングリの苗木6本を園庭に植えました。日本郵政グループからも、伊達市の伏黒郵便局のほか、ゆうちょ銀行福島店とかんぽ生命福島支店も参加しました。
植樹のあとには、どんぐり~ずと一緒にみんなで東北復興グリーンウェイブのテーマソング「♪どんぐりえがお」のダンスを踊りました。

今回植えた苗木は、「東北復興グリーンウェイブ」の活動で、岩手県山田町の「牡蠣の森」で育てられた5年目の苗木です。伊達こども園では、園庭にドングリの森を作るという構想があり、来年も植樹が行われる予定です。

伊達こども園での植樹会に参加した皆さん

伊達こども園での植樹会の様子

伏黒郵便局の坂下局長があいさつしました

小沼森林インストラクターから植樹の説明を受けました

園庭への植樹の様子①

園庭への植樹の様子②

苗木を植え終って記念撮影

植樹のあとはみんなで「♪どんぐりえがお」を踊りました

関連情報