ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
カテゴリ共通メニューへ移動します

日本郵政

そばにいるから、できることがある。

ここからヘッダーメニューです
ヘッダーメニューはここまでです
現在位置:
日本郵政ホームの中の
CSRの中の
JP子どもの森づくり運動の中の
岩手県宮古市と山田町で植樹会が開催されました

岩手県宮古市と山田町で植樹会が開催されました

日本郵政グループが特別協賛している『JP子どもの森づくり運動「東北復興グリーンウェイブ」(注1) (注2)』(NPO法人子どもの森づくり推進ネットワーク(子森ネット)が運営)の植樹会が、岩手県の宮古市と山田町で開催されました。

宮古市の赤前保育園ではじめての植樹会を開催しました

2018年5月21日(月曜日)、岩手県宮古市で行われた植樹会は、宮古市の赤前保育園と津軽石保育所の園児26人が参加して、赤前保育園の園庭に作られた苗畑に、ドングリの苗木を13本植えました。この苗木はJP子どもの森づくり運動「東北復興グリーンウェイブ」の活動で、全国の幼稚園、保育園、こども園の園児たちが育て、送られてきたものです。みんなで「おおきくなぁれ!」と声をかけながら作業を行いました。

今回の活動によって、JP子どもの森づくり運動「東北復興グリーンウェイブ」の活動が、宮古市にも広がりました。

宮古市での植樹会に参加した皆さん

赤前保育園での植樹会の様子

どんぐり博士から植え方の説明を受けました

植える場所の土を掘って、ポットから苗木を取り出しました

二人一組で作業をしました

一列に植えられていった苗木

苗を植えたあと水を撒きました

これからの生長が楽しみです

ひとこと

赤前保育園 園長 小関 憲一さま

赤前保育園の園庭の裏には、久保田山があります。どんぐりを沢山拾うことができるため「どんぐり山」と呼んでいるのですが、この山は災害の際に、保育園だけでなく地域の人たちの避難場所でもあり、心の拠り所となっています。自然豊かなこの山を活用して何かしたいと思っていた時に、この活動に出会いました。
今回、このような素晴らしい活動に参加したことをきっかけに、今後は保護者の方や他の保育園や幼稚園、行政などと一緒にこの活動を通じて地域がひとつになっていけるよう願っています。また、夢のあるような子どもの森も多くの人と一緒に作っていきたいと思っています。

山田町の苗畑では第5回の植樹会が行われました

2018年5月22日(火曜日)、岩手県山田町の豊間根(とよまね)地区にある苗畑では、第5回目となる植樹会が開催されました。植樹会には地元の保育園・保育所(山田町第一保育所、豊間根保育園、織笠保育園、船越保育園)の子どもたち約50人が参加し、全国各地の「東北復興グリーンウェイブ」参加園から届いたドングリの苗木約150本を苗畑に植えました。
植樹会には、子どもたちや保育園の先生方などのほか、山田町役場の方にもお手伝いしていただきました。

山田町での植樹会に参加した皆さん

山田町の苗畑での植樹会の様子

全国の参加園から届いた苗木の段ボール

どんぐり博士から説明を受けました

ポットや植木鉢に入れらてた苗木が植樹場所に並べられました

しっかりと水分補給してから作業に取りかかります

並んで一斉に植える作業します

植えた苗木に土をかけて固めます

苗畑への植樹を終えた子どもたちは、新生やまだ商店街に移動し、ここでは代表園児によってドングリの苗木4本の記念植樹が行われました。

新生やまだ商店街に集まった園児たち

代表の園児による記念植樹の様子

ひとこと

山田町での植樹会には、全国の「東北復興グリーンウェイブ」参加園のうち、千葉県の第二勝田保育園、滋賀県の崇徳保育園、福井県の大野幼稚園、福岡県の若久青い鳥保育園、それぞれの園長先生にもご参加いただきました。ご参加いただいた中から、子森ネット理事でもある福岡県の若久青い鳥保育園 岡村園長にお話を伺いました。

若久青い鳥保育園 園長 岡村 斉さま

子どもたちは自然の中で色々な経験を積みながら育っていくのですが、そのような森が震災で失われてしまったこともあり、もう一度、子どもたちが体験できるような環境を整えたいという想いからこの活動はスタートしました。森づくり運動は単純に木を植えるのではなく、命の大切さや自然の大切さを学び、子どもたちの心を育んでいくものであります。
被災地の子どもたちと、全国の子どもたちが、活動を通じて互いに想い合うことで大きな絆が生まれます。もっと子どもたちに目を向けて、子どもたちの心が豊かに育っていくような地域社会を作っていきたいと考えています。

(注1)

  1. この活動は、東日本大震災の被災地の園児が拾ったドングリを、全国の幼稚園・保育園・こども園に送り、園児が育て、3年目、大きくなったドングリの苗木を、郵便のネットワークを利用して被災地に戻し、5月22日のグリーンウェイブの日に、東北復興の願いを込め、被災地の園児が植えるものです。

(注2)

  1. グリーンウェイブとは、国連が定める「生物多様性の日(5月22日)」に世界各地の青少年がそれぞれの地域で植樹などを行い、地球上に緑の波(グリーンウェイブ)を作る活動です。

関連情報

ここからフッターメニューです
 
フッターメニューはここまでです
 
日本郵政株式会社
よくあるご質問・お問い合わせ
サイトのご利用について
プライバシーポリシー
アクセシビリティ
サイトマップ
English
ページの先頭へ戻る

ページの終わりです