ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
カテゴリ共通メニューへ移動します

日本郵政

そばにいるから、できることがある。

ここからヘッダーメニューです
ヘッダーメニューはここまでです
現在位置:
日本郵政ホームの中の1
CSRの中の3
日本郵政グループのCSRの位置付け

日本郵政グループのCSRの位置付け

日本郵政グループのCSRについて考え方の概要をご紹介します。
※CSR:Corporate Social Responsibility 企業の社会的責任

経営理念とCSR

グループ経営理念

郵政ネットワークの安心、信頼を礎として、民間企業としての創造性、効率性を最大限発揮しつつ、お客さま本位のサービスを提供し、地域のお客さまの生活を支援し、お客さまと社員の幸せを目指します。
また、経営の透明性を自ら求め、規律を守り、社会と地域の発展に貢献します。

日本郵政グループCSR

日本郵政グループは、CSR活動について、グループ経営理念の実現を図り持続的な成長を確保するための活動と位置付け、その取り組みについては、「グループCSR基本方針」を定め推進してまいります。

グループCSR基本方針

日本郵政グループにおいて、CSR(企業の社会的責任)とは、企業として持続的成長を確保するために不可欠なものと認識しています。次に掲げる各号に、グループ一体となって取り組み、「郵便局ネットワークの維持と郵便・貯金・保険のユニバーサルサービスの提供」などを通じて、地域や社会の発展に貢献してまいります。

  1. 1.
    顧客満足度の向上
  2. 2.
    生産性向上・新しい企業価値の創造
  3. 3.
    適時・適切な情報開示の推進
  4. 4.
    コンプライアンス、内部統制の確保
  5. 5.
    人に優しい事業環境の整備
  6. 6.
    社会、地域社会への貢献の推進
  7. 7.
    環境保全活動の推進

3つのCSR重点分野

CSRの7つの取り組み分野のうち、「お客さま満足度の向上」「生産性向上・新しい企業価値の創造」「適時・適切な情報開示の推進」「コンプライアンス、内部統制の確保」の4つの取り組み分野は、日本郵政グループが事業を行っていくうえで、お客さまや株主から求められる取り組みです。これらはCSR活動という認識を明確にしつつ、グループ各社が自主的かつ主体的に取り組むこととしています。

一方、「社会、地域社会への貢献の推進」「環境保全活動の推進」「人に優しい事業環境の整備」は、日本全国の多くのお客さまに商品・サービスを提供するグループの責務として、CSRの重点分野としてグループ共通で取り組むべきこととしています。

日本郵政グループでは、「社会、地域社会への貢献の推進」「人に優しい事業環境の整備」「環境保全活動の推進」の3つの項目を、日本郵政グループとして特に共通的に取り組む重点課題としています。
また、「顧客満足度の向上」「生産性向上と新しい企業価値の創造」「コンプライアンスと内部統制の確保」「適時・適切な情報開示の推進」の4つについては、グループ各社が自主的かつ主体的な取り組みを行うこととしています。

関連情報

ここからフッターメニューです
 
フッターメニューはここまでです
 
日本郵政株式会社
よくあるご質問・お問い合わせ
サイトのご利用について
プライバシーポリシー
アクセシビリティ
サイトマップ
English
ページの先頭へ戻る

ページの終わりです