現在位置:
日本郵政ホームの中の1
日本郵政グループ女子陸上部の中の3
大会結果の中の3
2019年度の中の3
第103回 日本陸上競技選手権大会(10,000m)

第103回 日本陸上競技選手権大会(10,000m)

2019年5月19日(日曜日)に開催された第103回 日本陸上競技選手権大会(10,000m)に、日本郵政グループ女子陸上部選手が2名が出場し、鍋島莉奈選手が優勝・鈴木亜由子選手が準優勝を果たしました。
鍋島莉奈選手はこの結果を受けてドーハ 2019 世界陸上競技選手権大会(10,000m)への出場が内定しました!

本大会の優勝でドーハ 2019 世界陸上競技選手権大会(10,000m)への出場内定を決め、笑顔の鍋島選手

(c)フォート・キシモト

競技結果

出場種目出場選手記録順位
女子10,000m決勝 鍋島 莉奈 31分44秒02 1位
女子10,000m決勝 鈴木 亜由子 31分46秒25 2位

選手プロフィール

その他の結果については、大会公式Webサイトをご覧ください。
日本陸上競技連盟 公式Webサイト

選手コメント

  • 鍋島選手
  • 日本選手権で10,000mに出場するのは初めてだったのでとても緊張しましたが、集中して冷静に走ることができました。まだまだ課題や、やるべき事が山積みなので、一つ一つクリアしていき、2019年6月末の本大会5,000mでも自分の走りができるようにトレーニングしていきたいと思います。ご声援ありがとうございました。
  • 鈴木選手
  • 今回のレースは、終始走りに余裕を持てなかったので、地力を上げる必要を感じました。2位に甘んじ悔しさを感じていますが、毎年少しずつ、成長は出来ていると思います。現状をしっかり把握し、2019年9月のマラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に向け着実に練習を積み重ねていきます。たくさんのご声援、大変力になりました。ありがとうございました。引き続きの応援をよろしくお願いいたします!

競技風景等

レース終盤、勝負をかける鍋島選手

(c)フォート・キシモト

見事1位でゴールを決めた鍋島選手

(c)フォート・キシモト

レース序盤から後半までトップでレースをけん引した鈴木選手

(c)フォート・キシモト

鍋島選手に続き、2位でフィニッシュ

(c)フォート・キシモト

レース後、互いを称えあう

(c)フォート・キシモト

ワンツーフィニッシュのメダルと共に

(c)フォート・キシモト

関連情報

  • 女子陸上部について
  • 選手・スタッフプロフィール
  • 大会日程
  • 大会結果