現在位置:
日本郵政ホームの中の
CSRの中の
グループCSRのトピックスの中の
岩手県宮古市と福島県伊達市で「東北復興グリーンウェイブ」植樹会を開催します

岩手県宮古市と福島県伊達市で「東北復興グリーンウェイブ」植樹会を開催します

日本郵政グループが特別協賛している『JP子どもの森づくり運動「東北復興グリーンウェイブ」(注1) (注2)』(NPO法人子どもの森づくり推進ネットワーク(子森ネット)が運営)の植樹会が、岩手県宮古市の「あかまえこども園」と福島県伊達市の「伊達こども園」で5月22日(水曜日)に開催されます。

この活動は、東北の子どもたちが拾って届けてくれたドングリを、全国の子どもたちが苗木に育て、3年目に東北に送り返す活動です。2014年に第1回の植樹会が行われ、今年は6年目の活動です。5月22日の植樹会は岩手県宮古市と福島県伊達市で開催されます。

岩手県宮古市「あかまえこども園」植樹会 開催概要

開催日時 2019年5月22日(水曜日)13時から14時まで
開催場所 岩手県宮古市赤前第3地割14-11
社会福祉法人 慈愛会「あかまえこども園(旧「赤前保育園」)」園庭
参加者 「あかまえこども園」「津軽石保育所」の園児、職員、宮古市内保育園関係者
主な内容 宮古市農林課ご担当者さまご挨拶
日本郵政グループ応援メッセージ
代表園児による園庭への植樹
記念撮影

福島県伊達市「伊達こども園」植樹会 開催概要

開催日時 2019年5月22日(水曜日)10時から11時まで
開催場所 福島県伊達市中道10番地
社会福祉法人 桑の実福祉会 認定こども園「伊達こども園」園庭
参加者 「伊達こども園」の園児、職員
主な内容 日本郵政グループ応援メッセージ
グリーンウェイブ大使「ミス日本みどりの女神」挨拶
どんぐり~ず(東北復興グリーンウェイブ アンバサダー)挨拶
代表園児による園庭への植樹
みんなで「どんぐりえがおダンス」
記念撮影

(注1)

  1. この活動は、東日本大震災の被災地の園児が拾ったドングリを、全国の幼稚園・保育園・こども園に送り、園児が育て、3年目、大きくなったドングリの苗木を、郵便のネットワークを利用して被災地に戻し、5月22日のグリーンウェイブの日に、東北復興の願いを込め、被災地の園児が植えるものです。

(注2)

  1. グリーンウェイブとは、国連が定める「生物多様性の日(5月22日)」に世界各地の青少年がそれぞれの地域で植樹などを行い、地球上に緑の波(グリーンウェイブ)を作る活動です。

関連情報