ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
カテゴリ共通メニューへ移動します

日本郵政

そばにいるから、できることがある。

ここからヘッダーメニューです
ヘッダーメニューはここまでです
現在位置:
日本郵政ホームの中の1
CSRの中の3
国連グローバル・コンパクトの支持

国連グローバル・コンパクトの支持

日本郵政は、2008年5月に国連グローバル・コンパクトに参加しました。

国連グローバル・コンパクトは、1999年1月31日に開催された世界経済フォーラムにおいて、アナン国連事務総長(当時)が提唱したものです。国連グローバル・コンパクトは、各参加企業に対して、それぞれの影響力の及ぶ範囲内で、人権、労働、環境及び腐敗防止の4分野における10の原則を実践するよう要請しています。

国連グローバル・コンパクトの狙いは、各企業がそれぞれの事業を遂行する中で、これらの規範を遵守し、実践することを通じて、世界に積極的な変化をもたらすことです。

2015年7月時点で、世界約160か国において13,000を超える団体(そのうち企業が約8,300)がこの取り組みに参加しています。

グローバル・コンパクトの10原則

人権

  1. 1.
    企業はその影響の及ぶ範囲内で国際的に宣言されている人権の擁護を支持し、尊重する。
  2. 2.
    人権侵害に加担しない。

労働

  1. 3.
    組合結成の自由と団体交渉の権利を実効あるものにする。
  2. 4.
    あらゆる形態の強制労働を排除する。
  3. 5.
    児童労働を実効的に廃止する。
  4. 6.
    雇用と職業に関する差別を撤廃する。

環境

  1. 7.
    環境問題の予防的なアプローチを支持する。
  2. 8.
    環境に関して一層の責任を担うためのイニシアチブをとる。
  3. 9.
    環境にやさしい技術の開発と普及を促進する。

腐敗防止

  1. 10.
    強要と賄賂を含むあらゆる形態の腐敗を防止するために取り組む。

関連情報

ここからフッターメニューです
 
フッターメニューはここまでです
 
日本郵政株式会社
よくあるご質問・お問い合わせ
サイトのご利用について
プライバシーポリシー
アクセシビリティ
サイトマップ
English
ページの先頭へ戻る

ページの終わりです