現在位置:
日本郵政ホームの中の1
日本郵政グループ女子陸上部の中の3
大会結果の中の3
2019年度の中の3
第103回 日本陸上競技選手権大会

第103回 日本陸上競技選手権大会

2019年6月27日(木曜日)から2019年6月30日(日曜日)にかけて開催された第103回 日本陸上競技選手権大会に、日本郵政グループ女子陸上部の選手が出場しました。

女子5,000m決勝で準優勝を決めた鍋島莉奈選手(左)と第三位入賞を果たした廣中璃梨佳選手(右)

(c)フォート・キシモト

競技結果

出場種目出場選手記録順位
女子1,500m決勝 大西 ひかり 4分29秒60 12位
女子5,000m決勝 鍋島 莉奈 15分23秒46 2位
女子5,000m決勝 廣中 璃梨佳 15分26秒58 3位

選手プロフィール

その他の結果については、大会公式Webサイトをご覧ください。
日本陸上競技連盟 日本選手権特設Webサイト

選手コメント

  • 大西選手
  • 今回、日本選手権に向けての2回の合宿を通して練習を積み、準備をすることができたのは自信になりました。
    ですが、まだまだ勝負するために力をつけていく必要があると感じました。まずは、自己ベストを更新できるように、継続して練習に取り組んでいきます。
    天候の悪い中、応援ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
  • 鍋島選手
  • 3連覇そして世界陸上の参加標準切りを目標に走りましたが、どちらとも達成できず悔しい結果となりました。
    ラスト一周の勝負で勝ちきれず、まだまだ力不足だと実感しました。
    次のレースでは、しっかり記録を狙い、目標が達成できるよう頑張りたいと思います。
    雨の中、たくさんの応援をありがとうございました。
  • 廣中選手
  • 最後まで先頭集団で、粘り走ることはできたと思いますが、ラスト勝負では、まだまだ先輩方の強さを感じるレースとなりました。
    この試合での経験を今後の練習やレースで活かしていけるように、これからも心身共にさらに成長していきたいです。
    ご声援ありがとうございました。引き続きよろしくお願いいたします。

競技風景等

大西選手、1,500mのスタート

(c)フォート・キシモト

実業団入り初の日本選手権で、積極的な走りを見せる

(c)フォート・キシモト

大西選手、ラストスパートの力走

(c)フォート・キシモト

5,000mレース序盤、先頭集団につける鍋島選手(左)と廣中選手(右)

(c)フォート・キシモト

安定した走りで終始先頭集団をリードする鍋島選手

(c)フォート・キシモト

レース終盤、勝負をかける

(c)フォート・キシモト

トップ集団にくらいつく廣中選手

(c)フォート・キシモト

雨の中、見事第三位でゴール

(c)フォート・キシモト

関連情報

  • 女子陸上部について
  • 選手・スタッフプロフィール
  • 大会日程
  • 大会結果