現在位置:
日本郵政ホームの中の1
日本郵政グループ女子陸上部の中の3
大会結果の中の3
2018年度の中の3
皇后盃 第37回全国女子駅伝の結果について

皇后盃 第37回全国女子駅伝

2019年1月13日(日曜日)、皇后盃 第37回全国女子駅伝が開催され、日本郵政グループ女子陸上部の選手が出場しました。

競技結果

出場チーム・区間出場者タイム区間順位チーム順位
高知県・第1区(6km) 鍋島 莉奈 19分26秒 区間2位 第28位
愛媛県・第1区(6km) 宇都宮 恵理 20分27秒 区間26位 第20位
兵庫県・第2区(4km) 樽本 知夏 13分23秒 区間25位 第4位
愛知県・第9区(10km) 鈴木 亜由子 31分08秒 区間2位 優勝

選手プロフィール

選手コメント

  • 鍋島選手
  • 高知県代表として1区を走らせていただきました。
    2年連続の区間賞とはなりませんでしたが、今の状態でのベストな走りはできたかなと思います。
    ご声援ありがとうございました。
  • 宇都宮選手
  • 少しでも地元のチームに貢献したいと走りましたが、思うように走れずチームメイトに助けてもらう形となりました。
    しかし、そのような状況にも関わらず、たくさんの声援をいただき、前を向いて頑張ろうと改めて感じています。
    応援ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
  • 樽本選手
  • 兵庫県の2区を走らせていただきました。
    実力不足を感じたので、しっかり力をつけて次のレースに向けて練習をしていきます。
    応援ありがとうございました。今後とも、よろしくお願い致します。
  • 鈴木選手
  • 後輩たちが本当に良い走りで繋いできてくれたので、ただゴールまでたすきを無事に届けるだけでした。
    愛知県チームの結束力と、これまで繋がってきた絆がもたらした優勝は、本当に嬉しかったです。
    このレースで得たことを糧に、次の目標に向かってまた取り組んでいきます。
    沢山のご声援をありがとうございました。

関連情報

  • 女子陸上部について
  • 選手・スタッフプロフィール
  • 大会日程
  • 大会結果