現在位置:
日本郵政ホームの中の
日本郵政プレスリリースの中の
かんぽの宿等におけるメニュー等の表示について

発表日:2013年11月 8日

タイトル:かんぽの宿等におけるメニュー等の表示について

日本郵政株式会社

去る10月31日にお知らせした、かんぽの宿塩原におけるランチメニュー表示が不適正であった事例を踏まえ、全国66施設のかんぽの宿等において同様の事例がないか調査した結果、17施設において後述のとおりの事例が確認されました。
私どもの商品表示に関する理解不足から、このような事例が確認されたことを深く反省いたしますとともに、心よりお詫び申し上げます。
該当する料理をお召し上がりになられたお客さまへの対応につきましては、現在、検討中のため、決定次第、弊社ホームページ等によりお知らせさせていただきます。
弊社は本件を厳粛に受け止め、お客さまへご提供するメニュー等について適正に表示するよう、内部管理態勢の充実・強化を図り、信頼回復に全力を挙げて取り組んでまいります。

1 夕食メニューの一部に加工肉を使用していること等を表示しなかったケース

かんぽの宿:十勝川、一関、大洗、旭、石和、伊豆高原、富山、皆生、竹原、観音寺、北九州、那覇レクセンター
かんぽの郷白山尾口、ラフレさいたま

2 バナメイエビを「芝エビ」、ブラックタイガーを「車エビ」として表示していたケース

ラフレさいたま

3 稲庭風うどんを「稲庭うどん」として表示していたケース

かんぽの宿皆生

4 山口産以外のふぐを「本場山口」のふぐと表示していたケース

かんぽの宿:光、湯田
(注1)光は、ふぐコースのほとんどが山口産を使用しており、「皮煮こごり」のみ山口産以外のふぐを使用
(注2)湯田は、ふぐコースに使われていたふぐが、他県で養殖されたのち、下関の生け簀に移されていたものであったことが判明

5 既製品を「手作りハンバーグ」と表示していたケース

かんぽの宿青梅

以上