現在位置:
日本郵政ホームの中の
日本郵政プレスリリースの中の
非正規社員の正規社員への採用の推進について

発表日:2010年5月 7日

タイトル:非正規社員の正規社員への採用の推進について

日本郵政株式会社

非正規社員の雇用の安定及び労働条件の向上を図るため、以下のとおり、正規社員への採用を行うとともに、こうした取り組みを継続して実施することにより、非正規社員の正規社員への採用を順次推進する。
なお、今後、労働組合とも必要な調整を図っていく。

1. 正規社員採用に応募できる者
勤続3年以上(月給制契約社員は勤続2年以上)で、週所定労働時間が30時間以上の60歳未満の非正規社員とする。

2. 資格審査
(1) 一次審査(筆記試験 ・・・ 適性検査、作文)
(2) 二次審査(面接    ・・・ 一次審査通過者に対して実施)
本年11月頃を目途に、二次審査の合格者を正規社員に採用

3. 不合格者に対する研修
資格審査で不合格となった者のうち、希望者に対し、再度の資格審査に向けて研修を行 う
なお、こうした研修を行うほか、郵政グループ社員の資質向上を図るため、全国規模の研修施設として、郵政大学校を再生する。
郵政大学校は持株会社の組織とし、グループ全社社員を対象にした人材育成施策を実施する。

以上

【報道関係の方のお問い合わせ先】
日本郵政株式会社
広報部(報道担当)
電話:(直通)03-3504-4162