現在位置:
日本郵政ホームの中の
日本郵政プレスリリースの中の
郵便局内での店頭物販サービスの開始について

発表日:2008年7月28日

タイトル:郵便局内での店頭物販サービスの開始について

日本郵政株式会社
郵便局株式会社

株式会社ローソンとの総合的提携に基づく取組み

郵便局内での店頭物販サービスの開始について

8月6日(水曜日)『日本橋郵便局』内に「JP ローソン」オープン

郵便局株式会社(東京都千代田区、代表取締役会長CEO 川茂夫/以下「郵便局会社」)は、このたび、株式会社ローソン(東京都品川区、代表取締役社長CEO 新浪剛史/以下「ローソン」)の協力を得て、郵便局内において店頭物販サービスを開始します。

これは、本年2月に日本郵政株式会社(東京都千代田区、取締役兼代表執行役社長 西川善文)とローソンの間で締結された総合的提携に関する合意書に基づき、郵便局会社が店舗を経営するもので、8月6日(水曜日)に日本橋郵便局内(東京都中央区日本橋1-18-1:2階部分)に「JP ローソン」の名称でコンビニエンスストア型の物販店舗をオープンいたします。

今回オープンする「JP ローソン日本橋郵便局店」は、郵便局内の待合コーナーの一角に約5坪~15坪の売場面積で展開する「JP ローソン」のスモールタイプの店舗(以下「スモール店舗」)第1号店です。

「スモール店舗」の特徴は以下のとおりで、郵便局内のコンビニエンスストアとして、来局のお客さまのニーズにお応えしてまいります。

  1. (1)
    郵便局内の待合コーナーの空きスペース(窓側壁面部など)に設置。
  2. (2)
    商品は、通常のコンビニエンスストアの取扱商品(おにぎり、弁当、デザートなどを含む)のほか、丸型郵便ポストを型取った商品など、郵便局ならではの商品の品揃えを実施。(総アイテム数 約500~1500アイテム)
  3. (3)
    営業時間は郵便窓口が開設している時間帯(郵便局により開設時間が異なります。)
  4. (4)
    売り場の広さは約5坪~15坪と通常のコンビニエンスストアの約3分の1。

また、同様の「スモール店舗」は、この「JP ローソン日本橋郵便局店」を皮切りとして、8月末までに、以下の5店舗を新規出店することが決定しています。
  ・ 8/13 OPEN  JP ローソン 美浜郵便局店
  ・ 8/20 OPEN  JP ローソン 川越西郵便局店
  ・ 8/20 OPEN  JP ローソン 平塚郵便局店
  ・ 8/27 OPEN  JP ローソン 千葉中央郵便局店
  ・ 8/27 OPEN  JP ローソン 印西郵便局店 

なお、これまでローソンの経営で郵便局敷地内に併設展開していた「ポスタルローソン(日本郵政本社ビル1階ポスタルショップを含む)」についても、8月以降順次、JP ローソンとして、郵便局会社の経営に移管する予定です。

以上

(参考資料)

 ⇒郵便局内での店頭物販サービスの開始について別ウィンドウでPDFを表示します[PDF:128kバイト]



【報道関係の方のお問い合わせ先】
 郵便局株式会社 総務部 広報室(報道担当)
 電話:03-3504-4127 FAX:03-3595-0839

【報道関係以外の方のお問い合わせ先】
※日本郵政グループの商品・サービスに関するお問い合わせ先はこちらでご案内しています。



 (関連情報)