現在位置:
日本郵政ホームの中の
CSRの中の
「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」を支援しています

「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」を支援しています

日本郵政グループは、2014年からスタートした官民協働で取り組む海外留学支援制度「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」を支援しています。

「トビタテ!留学JAPAN」は、文部科学省が2013年10月より開始した、産・官・学で学生の留学を支援するキャンペーンで、「グローバル人材育成コミュティ」を形成し、将来世界で活躍できるグローバル人材を育成する取り組みです。2020年までに大学生の海外留学12万人(現状6万人)、高校生の海外留学6万人(現状3万人)への倍増を目指します。留学促進キャンペーン「トビタテ!留学JAPAN」の取り組みのひとつとして、「官民協働海外留学支援制度~トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム~」が2014年からスタートしました。
「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」は、2020年までの7年間で約1万人の高校生、大学生を「トビタテ!留学JAPAN 日本代表プログラム」の派遣留学生として送り出す計画です。派遣留学生は支援企業と共にグローバル人材コミュニティを形成し"産業界を中心に社会で求められる人材"、"世界で、又は世界を視野に入れて活躍できる人材"へと育成されます。
帰国後は海外体験の魅力を伝えるエヴァンジェリスト(伝道師)として日本全体の留学機運を高めることに貢献することが期待されています。

関連情報