現在位置:
日本郵政ホームの中の
CSRの中の
人と共にの中の
人材育成

人材育成

日本郵政グループ各社では、キャリアパスに応じた期待役割を果たす人材の育成のため、実際の職場での仕事を通して指導・育成を行う「OJT」、職場を離れた研修・セミナーに参加して必要な知識・スキルの習得を図る「Off-JT」(昇進時に階層別に実施する研修、フロントラインのリーダー等への研修など)により従業員の育成を行っています。併せて、従業員の「自己啓発」に対する支援を行い、従業員自身の自発的な成長をサポートしています。

期待役割を果たす人材の育成

日本郵政グループ各社では、期待役割を果たす人材の育成のため、経営スキルの向上を目指した経営マネジメント研修、営業力の向上のための研修等を実施しています。

グループ企業価値向上に貢献できる人材の育成

グループ一体的な事業運営及びグループ全体として最適な人員配置を行うため、グループ間の人事交流を積極的に実施しています。
また、グループとしての競争力向上を図る視点から、グループ一体感の醸成・シナジーを発揮するための研修を研修施設において実施しています。新任役員を対象とした研修のほか、総合職採用者への採用時合同研修や郵便局・店舗等から本社総合職に転換した者への研修など、グループ各社の役員・従業員が合同で研修を行っています。


グループ各社の取り組み
ダイバーシティ推進の取り組み-日本郵便
ダイバーシティ・マネジメントの推進-ゆうちょ銀行
ダイバーシティの推進-かんぽ生命

関連情報