現在位置:
日本郵政ホームの中の1
日本郵政グループ女子陸上部の中の3
大会結果の中の3
2019年度の中の3
Denka Athletics Challenge Cup 2019

Denka Athletics Challenge Cup 2019

2019年10月19日(土曜日)、Denka Athletics Challenge Cup 2019が開催され、日本郵政グループ女子陸上部の選手が出場しました。

5,000mの自己ベスト記録を更新し、優勝した廣中璃梨佳選手

大会名

Denka Athletics Challenge Cup 2019

競技結果

種目出場選手タイム順位
Denkaチャレンジ 女子3,000m決勝 高橋 明日香 9分33秒22 3位
Denkaチャレンジ 女子5,000m決勝 廣中 璃梨佳 15分23秒09(※) 1位
Denkaチャレンジ 女子5,000m決勝 菅田 雅香 16分15秒21 3位
Denkaチャレンジ 女子5,000m決勝 大西 ひかり 16分19秒98(※) 5位
Denkaチャレンジ 女子5,000m決勝 宇都宮 恵理 16分59秒43 6位

(※)自己ベスト記録を更新しました。

選手プロフィール

その他の結果については、大会公式Webサイトをご覧ください。
一般財団法人 新潟陸上競技協会 大会特設Webサイト

選手コメント

  • 高橋選手
  • 自己ベスト更新を目標にしていたので悔しさはありますが、積極的に走ることができました。
    今回の悔しさをクイーンズ駅伝に向け、しっかり練習に取り組んでチームに貢献できるよう成長していきたいです。
    応援ありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
  • 廣中選手
  • 雨の中、現地でのご声援ありがとうございました。
    今回は自分でペースを作らなくてはいけない状況だったので、後半はキツさを感じる場面もありましたが、たくさんの方々の応援が力となり最後まで粘る事が出来ました。
    この経験も含めて、これからクイーンズ駅伝やその先のレースに繋げていけるよう練習に励んでいきたいです。
    引き続き応援よろしくお願いいたします。
  • 菅田選手
  • 実業団に入って初めての5,000mのレースでした。
    前半の3,000mまでは落ち着いてレースを進めることができ、中盤以降はきつい場面もありましたが、ラスト1,000mはペースをあげ、気持ちよく走り切ることができました。
    レース中、たくさんの声援が聞こえ、とても力になりました。ありがとうございました。
    次はクイーンズ駅伝に向けてもっと力をつけていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いいたします。
  • 大西選手
  • 応援ありがとうございました。今回は2回目の5,000mの挑戦でした。
    目標とするところはまだまだ先ですが、自己ベストを更新できたことは成長した点です。
    レースを走って感じた課題を克服し、次はクイーンズ駅伝でチームの力になるために自分を高めていきます。
    今後もよろしくお願いいたします。
  • 宇都宮選手
  • 今回も思うような走りができず、悔しいです。
    クイーンズ駅伝まで約1ヶ月、少しでもチームに貢献できるようなレベルに上げれるよう頑張ります。応援ありがとうございました。

競技風景等

先頭集団でレースをけん引した高橋選手

レース前半、善戦を見せた宇都宮選手

自己ベスト記録を更新した大西選手(右)、伸びのある走りで3位入りの菅田選手(左)

応援してくださった皆さまと

関連情報

  • 女子陸上部について
  • 選手・スタッフプロフィール
  • 大会日程
  • 大会結果