現在位置:
日本郵政ホームの中の1
日本郵政グループ女子陸上部の中の3
大会結果の中の3
2018年度の中の3
平成30年度 日本実業団陸上競技連合 女子長距離記録会の結果について

平成30年度 日本実業団陸上競技連合 女子長距離記録会

2018年12月8日(土曜日)、平成30年度 日本実業団陸上競技連合 女子長距離記録会が開催され、日本郵政グループ女子陸上部の選手が出場しました。

応援してくださった皆様と

競技結果

種目出場選手タイム順位
女子10000m(1組) 宇都宮 恵理 33分50秒77 組19着、タイムレース40位
女子10000m(2組) 鍋島 莉奈 31分28秒81*1 組4着、タイムレース4位
女子10000m(2組) 関根 花観 33分18秒37 組21着、タイムレース35位
女子5000m(1組) 樽本 知夏 16分08秒97*2 組3着、タイムレース13位

*1自己ベストを更新し、大会日時点で今季世界5位にランクイン。2019年世界陸上ドーハ大会の参加標準記録をクリアしました。

*2自己ベストを更新しました。

選手プロフィール

選手コメント

  • 宇都宮選手
  • 3週連続の試合の最終戦のレース、前向きにスタートできるよう意識して走りました。
    結果的に目標としていたタイムには届かず、できない自分を痛感しましたが、来季のシーズンに向けてやらなくてはいけないことを学べました。
    応援ありがとうございました。今後ともよろしくお願い致します。
  • 鍋島選手
  • 駅伝から3週間続けてのレースで調子を維持することが難しく不安もありましたが、久々の10000mで自己ベストと、目標としていたタイムを出すことができ、ホッとしました。
    まだまだレースの反省点はありますが、来シーズンに繋がる走りができたと思います。
    ご声援ありがとうございました。
  • 関根選手
  • 今回は駅伝からの連戦最後のレースでしたが思うように走れず終わってしまいました。
    また練習をしっかり積んでMGCまでには復調し、いいレースができるように頑張ります。
    応援ありがとうございました。
  • 樽本選手
  • 先週に引き続き、5000mを走りました。
    2回目ということで、先週の反省を生かし、この1週間を取り組み、自己ベストで走ることができました。しかし、タイムとしてはまだまだなので、これからしっかり練習をしていきます。
    応援ありがとうございました。今後とも、よろしくお願いします。

競技風景等

課題をつかんだ宇都宮選手

自己新記録を更新し、世界陸上ドーハ大会標準記録を突破した鍋島選手

本調子でない中、連戦を走りきった関根選手

今シーズンの成長を実らせ、記録を伸ばした樽本選手

関連情報

  • 女子陸上部について
  • 選手・スタッフプロフィール
  • 大会日程
  • 大会結果