現在位置:
日本郵政ホームの中の1
日本郵政グループ女子陸上部の中の3
大会結果の中の3
2018年度の中の3
第38回 全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(クイーンズ駅伝 in 宮城)

第38回 全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(クイーンズ駅伝 in 宮城)

2018年11月25日(日曜日)、第38回 全日本実業団対抗女子駅伝競走大会(クイーンズ駅伝 in 宮城)が開催され、日本郵政グループ女子陸上部が出場しました。

「チームJP」一丸となってタスキを繋ぎ、来年大会シード権を獲得しました!

競技結果

  • 総合成績
  • チーム名記録順位
    JP日本郵政グループ 2時間16分53秒 第7位
  • 個人成績
  • 出場区間出場選手記録順位
    第1区(7.0㎞) 宇都宮 恵理 23分09秒 区間18位(チーム18位)
    第2区(3.9㎞) 樽本 知夏 12分46秒 区間15位(チーム16位)
    第3区(10.9㎞) 鈴木 亜由子 34分46秒
    ☆MIR賞
    区間2位(チーム9位)
    第4区(3.6㎞) 寺内 希 12分01秒 区間16位(チーム9位)
    第5区(10.0㎞) 鍋島 莉奈 32分10秒
    ☆区間新
    ☆区間賞
    区間1位(チーム4位)
    第6区(6.795㎞) 関根 花観 22分01秒 区間8位(チーム7位)

    ☆MIR:Most Impression Runner

    選手プロフィール

    監督コメント

    • 高橋 昌彦 監督*
    •  この度は女子陸上部の創部5年目、4年連続4度目のクイーンズ駅伝出場におきまして、沢山の応援を頂きましたこと、チームを代表いたしまして心より感謝申し上げます。
       結果はクイーンズ8(8位入賞)を獲得しての第7位。
       昨年の第3位からさらに順位を下げてしまうことになりましたが、シーズンを通して故障者が多かった中で、選手たちは心を一つに覚悟を持ってレースに挑み、最低限の目標ラインであった3年連続のクイーンズ8はクリアしてくれました。
       優勝できる可能性を秘めているチームだけに、大変悔しい結果ではございますが、この結果を皆でしっかりと受け止め、個々の力を磨き、そしてチームの結束力を高め、来年はV奪還を目指してまいります。
       この度はありがとうございました。
    • *

    選手コメント

    • 1区 宇都宮選手
    •  沢山のご声援ありがとうございました。
       優勝という目標を掲げて挑んだ駅伝でしたが、1区で出遅れてしまい、チームに勢いをつける走りができず、悔しい気持ちでいっぱいです。
       エースに頼る駅伝ではなく、個々の力を高め、チームとしての底上げが出来るよう自分も行動していきます。
       必ず力強く走れる選手になって宮城に戻りたいと思います。今後とも応援よろしくお願い致します。
    • 2区 樽本選手
    •  2区を走りましたが、自分で押していく力が無く、力不足を感じたレースとなりました。
       また、チームに貢献する走りもできなかったので、今回のレースで感じたことや経験を次に繋げていきたいと思います。
       応援ありがとうございました。今後とも、よろしくお願いいたします。
    • 3区 鈴木選手
    •  目標に届かず非常に悔しいですが、今のベストは尽くしたと思います。
       総合力を問われるのが駅伝、ということを改めて感じた今回の経験を糧に、この一年再起を図りまた挑戦します。
       郵政グループの大応援の力に支えられ、たすきを繋ぐことができました。今後とも温かいご声援をよろしくお願いいたします。
       本当にありがとうございました。
    • 4区 寺内選手
    •  昨年の駅伝後から怪我が続き、今年は一度もレースに出ることができず苦しい一年でしたが、ギリギリのところでメンバーに入ることができて、今年は4区を任されました。
       結果はチームに貢献するような走りができず、自分の力の無さを感じ、悔しいレースとなりました。
       しかし、1年ぶりに郵政のユニフォームを着て、このチームで駅伝を走ることができて嬉しかったです。
       沿道での応援がとても励みになり、元気を頂きました。本当にたくさんのご声援ありがとうございました!
    • 5区 鍋島選手
    •  今年は5区を走らせていただきました。どんな位置でたすきを貰ってもトップに追いつく気持ちで走りました。
       結果、トップとは差を詰めることができず悔しい結果となってしまいました。
       今のチームのベストなオーダーで挑んでの今回の結果は、本当に悔しいものとなりましたが、来年度はチームとして成長し、この大会に挑めるようにしたいと思います。
       たくさんの応援ありがとうございました。
    • 6区 関根選手
    •  今回のレースはアンカーを任せていただいたにも関わらず、最後の最後に順位を落としてしまい、応援してくださった皆様やチームのみんなには大変申し訳なく思っています。
       この状況を一日でも早く脱し、本来の自分の走りを見ていただけるように頑張りたいと思います。
       ご声援ありがとうございました。

    競技風景等

    一斉にスタートする22チームの選手たち

    ©フォート・キシモト

    苦しいレース展開の中を走り抜いた宇都宮選手

    ©フォート・キシモト

    見事、入社1年目でクイーンズ出場を果たした樽本選手

    ©フォート・キシモト

    ルーキーからキャプテンへ繋がれるたすき

    ©フォート・キシモト

    貫録の追い上げで7人抜きを演じた鈴木選手

    ©フォート・キシモト

    昨年のクイーンズ駅伝以来のレース出場だった寺内選手

    ©フォート・キシモト

    寺内選手から5区鍋島選手へ、笑顔でたすきリレー

    ©フォート・キシモト

    エース区間を区間賞・区間新記録で走る大活躍でチーム順位を押し上げた鍋島選手

    ©フォート・キシモト

    現状の力を出し切ってアンカーを務めた関根選手

    ©フォート・キシモト

    競り合いの中、7位でゴール

    ©フォート・キシモト

    関連情報

    • 女子陸上部について
    • 選手・スタッフプロフィール
    • 大会日程
    • 大会結果