現在位置:
日本郵政ホームの中の1
日本郵政グループ女子陸上部の中の3
大会結果の中の3
2018年度の中の3
ホクレンディスタンスチャレンジ2018 第3戦 深川大会の結果について

ホクレンディスタンスチャレンジ2018 第3戦 深川大会

 2018年7月11日水曜日に行われたホクレンディスタンスチャレンジ2018 第3戦 深川大会に日本郵政グループ女子陸上部から4名の選手が出場しました。
 トラックシーズン前半の締めくくりとして臨んだ今大会の結果を踏まえて、各選手が夏合宿、秋の駅伝シーズンへの決意を新たにしました。

大会前日に、会場トラックで刺激練習を行う4選手

競技結果

出場種目出場選手記録順位
女子3,000m A 樽本 知夏 9分36秒60 8着
女子5,000m B 澤口 真美絵 16分56秒64 10着
女子5,000m A 宇都宮 恵理 16分00秒70 5着
女子5,000m A 林 英麻 16分21秒18* 13着

*自己ベストを更新しました。

選手プロフィール

その他の結果については、日本陸上競技連盟の公式Webサイトをご覧ください。
日本陸上競技連盟 公式Webサイト

選手コメント

  • 樽本選手
  • スタートから中盤までは、目標設定のタイム通りに走ることができたのですが、ラスト1,000mが粘れずタイムが落ちてしまいました。持久力の足りなさなど、たくさんの課題があるので、克服して秋からのレースに繋げていきたいと思います。
    応援ありがとうございました。今後とも、よろしくお願いいたします。
  • 林選手
  • 今回は入社して初めての5,000mでした。前半から積極的に行けたのは良かった点ですが、中盤で前の集団と離れてしまったので、そこでもう少し粘れると更に良かったと思います。
    自己ベストは出せましたが、目標タイムには届かずまだまだ力のなさを感じたので、練習をしっかりと積んでいき、力をつけていきたいと思います。
    応援ありがとうございました。
  • 澤口選手
  • 5,000mのレースは3年ぶりとなりましたが、目標タイムには届きませんでした。
    レース中盤で大幅にペースを落としてしまったので、そこを改善していけるようにしっかりと夏合宿で走り込んで、自信を持って秋のレースでスタートラインに立てるように頑張ります。
    ご声援ありがとうございました。
  • 宇都宮選手
  • 前期の締めくくりとして5,000m 15分台を狙って深川大会に挑みました。
    出た結果が、今の私の甘さだと痛感しました。速いスピードで最後まで走れるよう、この夏、しっかりトレーニングを積みたいと思います。
    秋の大会、そして駅伝で活躍できるよう頑張りますので、今後とも応援よろしくお願いいたします。ありがとうございました。

競技風景等

前日練習の様子

前日練習の様子

3,000mに出場した樽本選手(腰ゼッケンNo.9)

久しぶりの5,000mに挑んだ澤口選手

関連情報

  • 女子陸上部について
  • 選手・スタッフプロフィール
  • 大会日程
  • 大会結果