現在位置:
日本郵政ホームの中の1
日本郵政グループ女子陸上部の中の3
大会結果の中の3
2018年度の中の3
第102回 日本陸上競技選手権大会の結果について

第102回 日本陸上競技選手権大会

 2018年6月22日(金曜日)から24日(日曜日)にかけて開催された第102回 日本陸上競技選手権大会に、日本郵政グループ女子陸上部選手が4名が出場しました。女子5,000mに出場した鍋島莉奈選手が大会2連覇を達成!女子10,000mに出場した鈴木亜由子選手も昨年に続く第2位入賞と活躍を見せました。
 また、この結果を受けて鍋島選手は第18回アジア競技大会の日本代表に選出されました。

表彰式で笑顔の鍋島選手

(c)フォート・キシモト

競技結果

出場種目出場選手記録順位
女子1,500m予選 樽本 知夏 4分35秒26 2組9着
女子5,000m決勝 鍋島 莉奈 15分30秒93 1位
女子5,000m決勝 宇都宮 恵理 16分13秒72 17位
女子10,000m決勝 鈴木 亜由子 31分57秒82 2位

選手プロフィール

その他の結果については、大会公式Webサイトをご覧ください。
第102回日本陸上競技選手権大会 特設Webサイト

選手コメント

  • 樽本選手
  • 今回のレースは800mから離されてしまい、スタミナ不足と力の無さを感じました。
    まずはスタミナをつけるため、怪我をしないようにケアを大切にし、継続した走り込みを行うことが必要だと思いました。7月上旬にあるホクレンのレースでは3,000mに出るので、この後の合宿でしっかり練習をこなしたいと思います。
    ご声援ありがとうございました。
  • 鍋島選手
  • 今回は連覇のかかるレースだったため、プレッシャーもありました。沢山の応援と、ここまでサポートしてくれたスタッフ、そして共に練習して来たチームメイトのおかげで最後まで諦めず走りきることができました。
    まだまだ力不足だと思う場面があったので、前半シーズン残りのトラックレースでは、自分の力が発揮できるように取り組んでいきたいと思います。
    応援ありがとうございました。
  • 宇都宮選手
  • 2回目の日本選手権は憧れていた5,000mでの出場となりました。結果は完全に力不足でした。
    この大会に出るに当たって沢山の人の支えがありスタートラインに立つことができました。ただ出場するだけとなってしまったことが悔しいですが、また出たい、上位で勝負したいという目標が明確になりました。
    チームの主力選手になれるよう、この夏しっかりトレーニングを積んでいきます。応援ありがとうございました。
  • 鈴木選手
  • 最後まで押し切ることが出来ず悔しいですが、今のベストは尽くし、力もはっきりと分かったので次に繋げていきます。これからの練習を点ではなく線にして、納得のいく走りが出来るように挑戦していきます。
    温かいご声援を頂きありがとうございました。今後もよろしくお願いいたします。

競技風景等

実業団選手としてデビュー戦を迎えた樽本選手

(c)フォート・キシモト

力を出し切った樽本選手

(c)フォート・キシモト

2年ぶりの日本選手権の舞台に立った宇都宮選手

(c)フォート・キシモト

レース後、応援団に対するあいさつで、11月の駅伝に向けた決意を述べた

(c)フォート・キシモト

2連覇に挑んだ鍋島選手

(c)フォート・キシモト

ラスト1周で貫録のスパートを見せた

(c)フォート・キシモト

ゴール後、日本郵政グループ応援団へ手を振る鍋島選手

レースが終わって満面の笑顔

(c)フォート・キシモト

残り2,000mからのロングスパートで勝負に出た鈴木選手

(c)フォート・キシモト

日本郵政グループ応援団の前を走り抜ける

(c)フォート・キシモト

最後まで目の離せない展開となった10,000m

(c)フォート・キシモト

堂々の2位

(c)フォート・キシモト

関連情報

  • 女子陸上部について
  • 選手・スタッフプロフィール
  • 大会日程
  • 大会結果