現在位置:
日本郵政ホームの中の1
日本郵政グループ女子陸上部の中の3
大会結果の中の3
2018年度の中の3
第60回 東日本実業団陸上競技選手権大会

第60回 東日本実業団陸上競技選手権大会

2018年5月19日(土曜日)から20日(日曜日)にわたって、第60回 東日本実業団陸上競技選手権大会が開催され、日本郵政グループ女子陸上部の選手が出場しました。

応援のぼりとともに

競技結果

種目 出場選手 タイム 順位
女子1,500m決勝1組 林 英麻 4分59秒58 20位(1組)
女子1,500m決勝2組 澤口 真美絵 4分51秒85 12位(2組)
3,000m決勝1組 澤口 真美絵 9分58秒33 15位(1組)
3,000m決勝2組 宇都宮 恵理 9分40秒04 13位(2組)
3,000m決勝2組 林 英麻 10分03秒47 19位(2組)

その他の結果については、大会公式Webサイトをご覧ください。
東日本実業団陸上競技連盟 公式Webサイト

選手コメント

  • 澤口選手
  • 応援ありがとうございました。
    今大会では、1,500mと3,000mの二種目に出場しました。どちらも課題と反省点がたくさんありますが、今の自分の状況の中でのベストは尽くすことが出来たと思います。
    先週の日体大記録会からいい流れで今大会を迎え、調子を上げてこられたので、ここからまた、次のレースに向けてさらにコンディションを上げられるように頑張っていきます。
  • 林選手
  • 今回は二種目とも不甲斐ない走りになってしまいました。苦しくなってから粘れないという自分の弱さがすごく出てしまいました。 しかし、この悔しさをバネにこれから一層努力し、自己ベストを更新できるように頑張りたいと思います。
    応援がとても力になりました。本当にありがとうございました。これからもご声援よろしくお願いします。
  • 宇都宮選手
  • 応援ありがとうございました。
    日本選手権に向けた通過点、また、継続した練習ができるようになり約1週間というタイミングでどこまでやれるのかを確認するための大会となりました。
    練習の重要性や怪我をしないからだ作りの大切さを痛感し、スタミナの必要性を感じました。
    今回の失敗を生かし、日本選手権では先頭でしっかり戦えるレベルでスタートラインに立てるよう、あと1か月間で変わっていくため努力します。
    今後も応援よろしくお願いいたします。

競技風景等

1,500mのスタートを切る澤口選手(一番手前)

1,500mで前を追う林選手

3,000mに挑む澤口選手

集団走で前を狙う宇都宮選手

宇都宮選手、林選手が並んで走る

19日に応援して下さったみなさまと

20日に応援して下さったみなさまと

関連情報

  • 女子陸上部について
  • 選手・スタッフプロフィール
  • 大会日程
  • 大会結果