ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
カテゴリ共通メニューへ移動します

日本郵政

そばにいるから、できることがある。

ここからヘッダーメニューです
ヘッダーメニューはここまでです
現在位置:
日本郵政ホームの中の1
日本郵政グループ女子陸上部の中の3
大会結果の中の3
2017の中の3
第16回 世界陸上競技選手権大会(2017/ロンドン)女子5,000m予選

第16回 世界陸上競技選手権大会(2017/ロンドン)女子5,000m予選

2017年8月10日(木曜日)、第16回 世界陸上競技選手権大会(2017/ロンドン)女子5,000m予選が開催され、日本郵政グループ女子陸上部の選手が出場しました。

大会名

第16回 世界陸上競技選手権大会(2017/ロンドン)女子5,000m

競技結果

その他の結果については、大会公式Webサイトをご覧ください。
種目出場選手タイム順位
女子5,000m予選 鈴木 亜由子 15分24秒86 第1組14位(全体26位)
女子5,000m予選 鍋島 莉奈 (注) 15分11秒83 第2組 9位(全体18位)

(注)自己ベストを更新しました。また、この記録により日本歴代第10位にランクインしました。

その他の結果については、大会公式Webサイトをご覧ください。
国際陸上競技連盟 公式Webサイト(英語)

第16回 世界陸上競技選手権大会(2017/ロンドン)選手コメント

  • 鈴木 亜由子
  • 良い状態で今大会に臨むことが出来ましたが、世界の選手はスピード、タフさにおいても高いレベルにあり、改めて力の差を痛感しました。
  • また、一瞬の判断が後半の勝負所で影響することも学びました。納得のいく走りではなかったですが、ベストは尽くしたので、結果をしっかり受け止め、目標を定めまた挑戦していきたいと思います。
  • たくさんのご声援を頂き、とても嬉しかったです。ありがとうございました。
  • 鍋島 莉奈
  • 今大会は予選から全力で自己記録を狙い、予選突破する事が目標でした。
  • 結果的には自己記録は更新することができましたが、決勝には進むことができませんでした。世界との差を身をもって体感したこの経験を今後に活かし、またこの舞台に立てるように頑張りたいと思います。
  • 沢山の応援ありがとうございました。

競技風景等

日本郵政グループ応援団

写真:フォート・キシモト提供
ここからフッターメニューです
 
フッターメニューはここまでです
 
日本郵政株式会社
よくあるご質問・お問い合わせ
サイトのご利用について
プライバシーポリシー
アクセシビリティ
サイトマップ
English
ページの先頭へ戻る

ページの終わりです