現在位置:
日本郵政ホームの中の
日本郵政プレスリリースの中の
一時閉鎖簡易郵便局の再開に向けて ローソン坂城村上店(長野県)の店内に郵便局を開局

発表日:2008年9月 2日

タイトル:一時閉鎖簡易郵便局の再開に向けて ローソン坂城村上店(長野県)の店内に郵便局を開局

日本郵政株式会社
郵便局株式会社
株式会社ローソン

郵便局株式会社(東京都千代田区、代表取締役会長CEO:川茂夫/以下「郵便局会社」)と株式会社ローソン(東京都品川区、代表取締役社長CEO:新浪剛史/以下「ローソン」)は、2008年9月12日(金)に、「ローソン坂城村上(さかきむらかみ)店(長野県埴科郡坂城町)」の店内に、上田郵便局上五明(かみごみょう)分室を開局し、郵便局業務を開始いたします。今回開局する分室は、簡易郵便局(※)への移行を前提としたものです。

今回の取り組みは、今年の2月に日本郵政株式会社(東京都千代田区、取締役兼代表執行役社長:西川善文/以下「日本郵政」)とローソンの間で締結された総合的提携に関する合意書に基づき実現したものです。両社ではこれまで、一時閉鎖の簡易郵便局の再開を検討する「簡易局サポート分科会」を設置し、協議を重ねてまいりました。

一時閉鎖中の簡易郵便局周辺のローソン店舗を候補とし、面積、オーナー資質などの条件から受託可能な店舗を精査した結果、第1号店として「ローソン坂城村上店」のオーナーに簡易郵便局業務を委託することとしました。このたびの上田郵便局上五明分室は、この簡易郵便局開局までの間、一時的に開局するものです。

 

ローソン店舗内での郵便局開局は全国で初めての取組みであり、簡易郵便局業務の委託が実現すると、ローソンでは初めて簡易郵便局長を兼務した経営者が誕生します。

 

今後、ローソン坂城村上店での経験を活かし、ローソン店舗への簡易郵便局業務の委託拡大を目指してまいります。

 

今回の取り組みにより、ローソンは地域社会へ貢献しながら発展する新しいビジネスモデルの構築を目指してまいります。また、郵便局会社は、一時閉鎖をしている簡易郵便局の再開を進め、全国ネットワークを維持しながら、郵便局の更なる利便性の向上に取り組んでいきます。

全国ネットワークをもつローソンと日本郵政、郵便局会社は、今後も相互協力し、両社のインフラを最大限に活用することで、地域に密着したサービスの提供、国民生活の利便性向上に寄与してまいります。

(注)簡易郵便局は、全国24,000局ある郵便局のうち約4,000局を占め、郵便局会社などから、地域のニーズ等を踏まえ郵便窓口業務などを受託しています。

【添付】

     ○上田郵便局上五明分室の概要
     ○上五明簡易郵便局の概要(予定)
     ○上田郵便局上五明分室開局から上五明簡易郵便局開局までのスケジュール
     ○(参考)・ローソン坂城村上店の概要 ・ローソンと日本郵政とのこれまでの取り組み

詳しくはこちらをご覧ください。

 ⇒ローソン坂城村上店(長野県)の店内に郵便局を開局別ウィンドウでPDFを表示します[PDF:372kバイト]



【報道関係以外の方のお問い合わせ先】
※日本郵政グループの商品・サービスに関するお問い合わせ先はこちらでご案内しています。



≪関連情報≫