現在位置:
日本郵政ホームの中の1
日本郵政グループ女子陸上部の中の3
大会結果の中の3
2016年度の中の3
第100回 日本陸上競技選手権大会

第100回 日本陸上競技選手権大会

2016年6月24日(金曜日)から26日(日曜日)、第100回 日本陸上競技選手権大会が開催され、日本郵政グループ女子陸上部の選手が出場しました。

大会名

第100回 日本陸上競技選手権大会

競技結果

種目 出場選手 タイム 順位
10,000m 鈴木 亜由子 31分18秒73 1位
10,000m 関根 花観 31分22秒92 2位
3,000m障害 宇都宮 恵理 10分48秒95 17位
5,000m 鈴木 亜由子 15分24秒47 2位
5,000m 関根 花観 15分24秒74 3位

予定しておりました寺内選手は出場を取りやめております。
その他の結果については、大会公式Webサイトをご覧ください。
日本選手権特設サイト

選手コメント

1日目 10,000m

  • 鈴木選手
  • オリンピック代表を決めることができ、ホッとした気持ちです。タイムは気にしていませんでしたが、自己記録(31分18秒16)に近いタイムが出て驚いています。後半、思ったよりもペースを上げることができました。途中、後輩の関根と良いペースで引っ張り合い、『これは負けられない』と刺激をもらいながら走ったことが良かったのだと思います。地元(愛知県出身)ということ、100回大会ということ、オリンピック選考会であることなどが励みになったと同時に、プレッシャーになっていたところもありました。それを優勝という結果で乗りこえ、オリンピック代表という一番良い形で、支えてきてくださった皆さんに恩返しができました。40万人社員の方たちの応援には本当にいつも感謝していますし、今日もスタンドからの声援がずっと聞こえて力になりました。
  • 関根選手
  • 今は本当に夢のような気持ちです。レース中は自分の持っている力を精一杯出したいと思っていましたが、亜由子さんとワンツーを決めたい、という気持ちも大きかったですね。でも、亜由子さん任せでなく、二人で速いペースに持ち込みたいと思って走りました。スローペースになってラスト勝負にもつれると、私には不利になりますから。日本選手権に向けての海外遠征・合宿中も、社員の皆さんからの応援が励みになっていました。今日もスタンドの赤い応援団の方の存在が、本当に力になりましたね。

2日目 3,000m障害

  • 宇都宮選手
  • この大舞台でたくさんの方に応援していただいたのに、このような結果しか残せず申し訳なく思っています。5月の東日本実業団の失敗(5,000m24位)の経験を生かそうと、攻めの姿勢を持ち続けてこの大会に臨みましたが、大変悔しいです。しかし『恵理頑張れ』という声援がずっと聞こえていたので、最後まで頑張ることができました。日本一を決める大会を初めて走った経験は、自分の今後に必ずプラスになると思っています。

3日目 5,000m

  • 鈴木選手
  • 優勝した尾西(美咲・積水化学)さんのラストの強さが、一枚も二枚も上手でした。1,000mで一度前に出て、自分のリズムを作ろうとしたことは良かったのですが、ラストまで持つのか不安も出てしまって、中途半端なレースしかできなかったことが敗因です。オリンピックに2種目で出ることができたら、もう一度練習で上乗せをして、自信を持ってレースに臨めるようにしたいと思います。今日も日本郵政グループの応援団からは、この会場で一番大きな応援をしていただきました。最後は良い走りを見せられませんでしたが、まだまだ上を目指している段階です。会社と一緒に成長していきたいと考えていますので、これからも見守っていただけたら嬉しく思います。
  • 関根選手
  • 10,000mの疲労も思ったほどなく、今日はチャレンジ精神で臨みました。残り800mでかなり苦しくなりましたが、気持ちを切らさずにラスト1周につなげられたと思います。ただ、リオ五輪の参加標準記録(15分24秒00)を、あと少しのところで突破できませんでした。もったいないレース、詰めの甘さが出たレースをしてしまったと反省しています。しかし日本選手権全体で見れば、3日間で2種目に挑戦して、皆さんの応援のおかげで無事に乗りこえることができました。10,000m2位、5,000m3位という結果は、自分の競技人生で大きな分岐点になると思います。

競技風景等

写真提供:(株)フォート・キシモト

1日目 10,000m

鈴木選手と関根選手

鈴木選手と関根選手

トップでゴールを目指す鈴木選手

金メダルの鈴木選手と銀メダルの関根選手

ゴール直後に抱き合って健闘を讃えあう鈴木選手と関根選手

応援してくださったみなさん

2日目 3,000m障害

宇都宮選手

宇都宮選手

3日目 5,000m

鈴木選手と関根選手

鈴木選手と関根選手

日本郵政グループの応援団の前を走る選手たち

銀メダルの鈴木選手と銅メダルの関根選手

  • 女子陸上部について
  • 選手・スタッフプロフィール
  • 大会日程
  • 大会結果