現在位置:
日本郵政ホームの中の1
日本郵政グループ女子陸上部の中の3
大会結果の中の3
2016年度の中の3
第251回 日本体育大学長距離競技会

第251回 日本体育大学長距離競技会

2016年6月4日(土曜日)、第251回 日本体育大学長距離競技会が開催され、日本郵政グループ女子陸上部の選手が出場しました。

大会名

第251回 日本体育大学長距離競技会

競技結果

種目 出場選手 タイム 順位
3,000m(4組) 岩橋 優 (注) 9分16秒34 3位
3,000m(4組) 岩高 莉奈 (注)* 9分33秒46 7位
3,000m(4組) 小座間 夏子 9分52秒95 25位

*

(注)自己ベストを更新しました。


その他の結果については、大会公式Webサイトをご覧ください。
日本体育大学長距離競技会 公式Webサイト

選手コメント

  • 岩橋選手
  • 1年ぶりの3,000mとなりましたが、調子も上がってきており、中盤は積極的にレースを引っ張る走りができました。ラスト1,000mを切り、高校生に抜かれ少し離されてしまいましたが、大きくベストを更新でき自信になるレースでした。同時に課題も見つかったので、ここで満足することなく練習を継続し、来月のホクレンディスタンス記録会では5,000mでも大幅なベストの更新を狙います。ご声援ありがとうございました。
  • 岩高選手*
  • 2週間前の大会で、自己ベストを出すことができましたが、納得のいくレースができなかったので、今回はタイムだけでなくレースにも重点を置き、自己ベストを更新する気で臨みました。自分の設定通り走ることができ、自己ベストも更新することができて良かったです。1ヶ月後にあるレースで、上半期最高の走りができるよう、これから合宿で更に上の走りを目指して頑張りたいと思います。風の強い中でもたくさんの応援が聞こえ、力になりました。たくさんの方に来て頂きありがとうございました。これからも応援よろしくお願い致します。
  • 小座間選手
  • 春先に怪我をしたため、練習をストップし復帰したものの前回のレースには間に合わず、ようやく試合に出れる状態に戻せてきたので、今季初レースにやっと挑めることが出来ました。今回は最初の入りは良かったものの、ラストスパートの切り換えが上手くいかなかったので、今後の課題として取り組んで行きたいと思います。応援して下さった皆様ありがとうございました!

競技風景等

積極的にレースを引っ張る岩橋選手

集団の中の岩高選手

前に離されないように走る小座間選手

応援してくださったみなさんと

  • 女子陸上部について
  • 選手・スタッフプロフィール
  • 大会日程
  • 大会結果