ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
カテゴリ共通メニューへ移動します

日本郵政

そばにいるから、できることがある。

ここからヘッダーメニューです
ヘッダーメニューはここまでです
現在位置:
日本郵政ホームの中の1
CSRの中の3
JP子どもの森づくり運動の中の3
JP子どもの森づくり運動「東北復興グリーンウェイブ」の取り組み

JP子どもの森づくり運動「東北復興グリーンウェイブ」の取り組み

日本郵政グループが特別協賛する「JP子どもの森づくり運動」において、2012年から、「東北復興グリーンウェイブ」を展開しています。この活動は、東日本大震災の被災地の園児が拾ったドングリの種を、全国の幼稚園・保育園の園児が育て、3年目に大きくなった苗木を、郵便局のネットワークを利用して被災地に送り、5月22日のグリーンウェイブの日に、東北の生物多様性的緑の復興の願いを込め、被災地の園児が植えるというものです。

活動レポート・活動トピックス

「東北復興グリーンウェイブ」の仕組み

被災地の園児がドングリを拾います。

2012年10月、岩手県下閉伊郡山田町の3園(山田町第一保育所、豊間根保育園、織笠保育園)の園児たちが、ドングリを拾いました。

拾ったドングリを子森ネットの「どんぐり博士(森林インストラクター)」に渡しました。

全国で園児がポットにドングリをまきます。

2012年秋、新宿せいが保育園でポットにドングリをまきました。

各園で園児がドングリの苗木を育てます。

2014年3月、新宿せいが保育園の苗木たちは、保育園のベランダでお世話されていました。

被災地に苗木を戻して園児が植えます。

2014年5月、第1回の植樹が行なわれました。

これまでの活動レポート一覧

ここからフッターメニューです
 
フッターメニューはここまでです
 
日本郵政株式会社
よくあるご質問・お問い合わせ
サイトのご利用について
プライバシーポリシー
アクセシビリティ
サイトマップ
English
ページの先頭へ戻る

ページの終わりです