現在位置:
日本郵政ホームの中の
東京2020への取組の中の
注目選手インタビューの中の
注目選手インタビュー Vol.6 (別所 キミヱ選手:後編)

注目選手インタビュー
Vol.6 (別所 キミヱ選手)
後編

東京2020に向けて日本郵便が注目する選手をご紹介します。
6人目は、リオデジャネイロ2016パラリンピック日本代表選手団の最年長選手(当時68歳)としても注目を集め、今なお現役で活躍する別所キミヱ選手です。
ロングインタビュー後編では、過去4度出場したパラリンピックや東京2020大会に向けた思いを聞きました!

別所 キミヱ(べっしょ きみえ) パラ卓球(車いすクラス5)

別所 キミヱ(べっしょ きみえ)
生年月日 1947年12月8日
出身 広島県
経歴 結婚を機に兵庫県へ移住後、43歳の時に仙骨巨細胞腫(せんこつきょさいぼうしゅ)を患い、車いす生活に。45歳でパラ卓球に出会ったのち、アテネ2004大会、北京2008大会(5位入賞)、ロンドン2012大会、リオ2016大会と4大会連続で、日本代表選手としてパラリンピックに出場。蝶々の頭飾りがトレードマークで、「マダムバタフライ」の呼び名を持つ。明石西郵便局にて勤務経験が有り、2015年から日本郵政株式会社が協賛中。

Q:別所さんは過去にアテネ、北京、ロンドン、リオデジャネイロと4大会パラリンピックに出場されていますが、それぞれ印象に残っていることを是非教えてください。

A:一番思い出深い大会は、北京かもしれませんね。日本から近いこともあって、家族や普段から応援してくれている人たちがみんな現地会場まで来てくれました。息子夫婦らと孫、友達や手術の時に輸血に協力してくれた人、地元でずっと応援してくれてる議員の方まで......とても印象に残っています。試合内容としても、これまでの海外の試合で、私が一番すごい試合をできたのは北京だったんじゃないかなって思っているんです。北京では、ヨルダンの選手相手にセットカウント2対2、フルセット最終戦で、10対5で勝っていたところを追いつかれて、最終的に競り負けてしまったんですよ。そりゃあもう悔しくて、その時の感情はいまだに自分の中に残っています。正直、パラリンピックでのメダル獲得のチャンスがあったとしたら、それは北京だったなあって思っています。客席からは孫の「おばあちゃーん!」って応援の声も聞こえていたんですけどね。そんな中で負けちゃったものだから、いまだに「北京ではサヨナラ負けした」って言われますよ(笑)。

Q:競技者としてのハイライトになる試合だったのですね。

A:その時のタイムテーブルの中で、私とヨルダン選手の試合が最後までもつれ込んだんですよ。もう、会場全体が私たちの試合結果を待っている状況で、テレビ局の中継もばっちり写されていて、「別所老婆」って紹介されていたんです。"老婆"ってなんやねん!て思ったんですけど、中国語だと"老婆"って尊敬とか親しみの意味がある言葉で、そのあと試合が終わってからはずっとサイン攻めでした。20人くらい、ずらーって並んでいて、今着てる服にサインしてって言うんですよ、ブラウスでもなんでも。「ナイスプレイ」とか「テレビジョン!」とか言葉かけてくれて、どんどんサインしました。やっぱり、卓球は中国の国技ですからね。町中でも「良いプレーでした」って声かけられたりして、あの熱はすごいなと思いました。

Q:他大会での印象的なエピソードもぜひ教えてください。

A:ロンドンの思い出は、選手を歓迎して祝福するパーティーみたいな催しものでの出来事ですね。現地住民の皆さんに歓迎してもらって、日本選手団側も住民の皆さんへの贈り物を準備して、交流するんです。そこには現地の日本人学校に通っている子どもたちも来るんですが、式が終わって子供たちにプレゼントあげて、みんなぱらぱらと帰るときに、一番印象的だったことがありました。少しゆっくり行動していた子に「あなた何年生?」なんて言いながらお話していたら、2人、3人、4人...とどんどん子どもたちが戻って来て、最終的に「先生ちょっと待って」とか言いだして、みんな輪になって囲まれて、日本チームがんばれーってメッセージが入っている歌を歌いだしたんですよ。「みんなでいっぱい練習したんだけど、選手村で披露する機会がなくて...」って。だから、その時に手拍子でね、歌ってくれたのを聞きました。みんな帰ったと思っていたところ戻ってきてくれて、あれは感動しましたね。
リオでは、それぞれの選手に対する応援メッセージを書いた付箋紙を使って、日本選手団が滞在する建物玄関に「絆」という文字を壁いっぱいに描いてくれていました。地域の住民の方や、こちらもリオに住んでいる日本人学校の子どもたちがメッセージを寄せてくれて。私宛には何かあるかな?と見てみたら、「かなりのお年を召していられるようですが、東京でも頑張ってください」って書いてある付箋があって思わず笑っちゃいました(笑)。嬉しかったですね。
東京2020大会では日本がおもてなしする側になりますから、私がいただいたおもてなしの数々を思い出すと、今度はホスト国としてどんなことが出来るかなって考えています。

Q:「期待と不安」といった感覚ですか?

A:海外遠征時にいろんな選手や地域の人々と交流すると、海外の方が、障がいのある人に対する接し方がフラットだなと感じるんです。日本はちょっとまた違うでしょ、見方とかが。「気いつかっとんやろな」って伝わってくることが多い。これからお年寄りはもっと増えていくし、誰しもいつ何があるかわからない世の中で「みんな、いずれ我が身やろな」って個人的には思うんですよ、特別なことではないと。だから、東京2020パラリンピックをきっかけにして日本で暮らす人たちの価値観も進化していくといいなって思います。

Q:別所さんご自身の進化も、まだまだ続いていらっしゃいますね。

A:人間はやっぱりやろうと思えば何でもできると思うんです、やる気があれば。私の場合、合宿行くにも他の人たちより移動距離が長かったり、ハンデも大きい部分があって。それでも一生懸命取り組んでいると、いろいろと「それやったらこういうふうにしよ」って、いい方向に監督とか周りの人が考えてくれる。苦労している姿って、周りで見ていてくれて、みんな導いてくれるんですよね。本当に有難い。

Q:「もっと上へ、さらに強く」という原動力はどこにあるのでしょう?頑張り続けるって大変なことじゃないですか。

A:よく言われるんですけどね。やっぱり卓球が好きなんだろうね、きっと。そんなにね、勝てるわけでもなんでもないんですけど。2018年中に交通事故にあって、何か月か卓球できなかった期間があったでしょ。あのとき、「卓球したくてもできなかった」っていう悔しさが、今でも残っています。また、それから体の回復はまだまだ満足じゃないけれど、そんなこと言って、負けたのが事故のせいだと思われるのも嫌ですし。
交通事故後、最初の日本で開催される国際大会のときには、まだ足が曲げられなかったんですよ。北京2008パラリンピックのときに使ってから家に眠っていた車いすを、ひざを伸ばしたまま乗れるように改造して、塗装も息子が何日もかけて塗り変えてくれました。足を伸ばしたまま出場した日本で開催される国際大会、動きの感覚がつかめなくて、試合勘も取り戻せていなくて、ブランクをすごく感じたんですよ。大変やなあって思ってたんですけど不思議と勝ったんですよね、優勝できて。結果的に、「そんなに力いらんな」という風に感じて大会が終わりました。周りからは「別所さん元気やん良かったね」ってみんなに言われて、元気元気!って答えていたけれど、正直、その時期は全然そんなことなくて。事故から1年以上経った今でも、元通りにはなっていないんですよね。足もかなり細くなってしまったし、家のお風呂はやっと普通に入れる状態ですけど、ほかのバリアフリーのホテルだと、お風呂入っても一人じゃ出られないんですよ、踏ん張りが効かないから。そこに重ねて2019年は、台北で開かれたアジア地区の大会期間中に帯状疱疹になってしまっていたんです。もう痛くて痛くて。予選終わって、なんとか6位までキープしたんですけど、台北ではなかなかガーゼが手に入らなくて、痛くて背もたれに肌を当てられず、つらかった。更にそのあと、日本で開催される国際大会の時には転倒して座骨骨折してしまった。もう、きついことが続いて「私どないなっとんかな!?」ってどん底の気分でした。でもこの大会では第2位に入れました。そこまでの状況の中で試合に集中できたことは、自分でもすごいと思っています。

Q:伺っているだけでも波乱万丈すぎて...それらを乗り越える精神力はどこからきているのでしょうか。

A:やっぱり気持ちやと思う。どんなときでも負けなかったから。病気で命の淵をさまよって、あのときのしんどいこと思ったら、どんなことでも耐えられるかな。本当に痛くてしびれて、たまらなかったから。死んでいたかもしれないのに、助けていただいたから。「これくらい、どうっちゅうことないな」と言う感じ。生きるか死ぬかって部分と比べたら、全然平気や(笑)。何が起こったって平気。
どうしてそんなに燃えていられるのってよく聞かれるんですけど、中途半端がダメなんですよね、私が。燃焼しきって終わりたい。周りから「元気やな」って言われますけど、そういう風に居られるのは、自分にやりたいことがあるからだと思います。

Q:それでは、今やりたいことは「卓球で完全燃焼」ということ?

A:そうですね。完全燃焼。私が東京2020パラリンピックに行けるかどうかは神様しか知らないことだけれど、私自身、自分のできることは人の倍やってきたって思うの。怪我している間でも、出来ることはあきらめずに、鍛えようと思って取り組み続けている。いかにほかの選手たちに勝てるか、そのためには体をしっかりケアしなければいけないと思って続けている。年寄とか若手とか関係なく、やっぱり負けたくないな。
あと、これからは書道とか始めたいですね。とりあえず悔いがないように生きたいなって思っています。

Q:東京2020パラリンピックを機会に、これから初めてパラ卓球をご覧になる方へ、競技の見どころを是非教えてください。

A:車いすに限らず、いろんな障害がありますよね、世界には両足義足の人もいるし、立位で問題ないプレイヤーもいる。そういったいろんな特徴のある選手たちが、どうやっていろんなプレーが出来ているのかなって、全身を使って球を返しているところを見てほしいと思います。車いす関係だったら、テニスもそうだけど、テーピングしてラケットを腕に固定している人もいれば、サービスを打つのが難しい人もいる、でもみんないろんな工夫でスポーツに取り組んで、競い合っています。そういった様子をみて、「そこをそういうふうに使うんやったら私でもできるな」って、そんな気持ちで自分と置き換えて想像しながら観てもらったら良いんじゃないかなと思います。
健常者の卓球に比べたら不自由に見えるところがあるかもしれないけど、でもみんな工夫して乗り切ってる、その工夫ポイントがおもしろいと思ってもらえたら良いですね。パラリンピックアスリートはすごくもなにもない、いろんな器具も使ってその選手にとって普通にできることを増やしてやっているんです。

Q:応援しているファンのみなさんへ、メッセージをお願いします。

A:地元の郵便局の方とか、街の中でもいろんな人から「がんばって」って声かけていただきます。まだまだこれからが戦いですから、いま取り組んでいることをしっかりやって、今までではない自分になっていきたい部分もあるんで、頑張っていきます。あたたかく見守っていただきたいです。