現在位置:
日本郵政ホームの中の
ラグビー日本代表応援企画 POST to the FUTUREの中の
POST to the FUTURE実施レポート(花園)

POST to the FUTURE実施レポート(花園) POST to the FUTURE実施レポート(花園)

日本郵便特設ブース 
ラグビーの街、花園へ 。

フィジー代表戦で快勝し勢いが増す日本代表。私たち日本郵便が、ここ大阪の地でも日本のラグビーの未来を明るくするために「POST to the FUTURE」の特設ブースを展開します。釜石に続き、大阪でも観客の皆さまから、日本代表への想いを込めたはがきをたくさん集めます。

花園ラグビー場へ続く1本道、通称「スクラムロード花園」には、全ての街灯にラグビーのペナントが下がり、路面中にラグビーの絵が描かれていました。近くに「ラグビー神社」の愛称で親しまれる吉田春日神社があるなど、まさにここはラグビーの街。歩いているだけで心踊る道を抜けると、1929年の開場から数々の名勝負と共に時代を駆け抜けてきた花園ラグビー場にたどり着きます。

2019年8月3日(土)、ラグビーの聖地である、この東大阪市花園ラグビー場で 、リポビタンD チャレンジカップ パシフィックネーションズ 2019 日本代表VSトンガ代表戦が行われました。

釜石鵜住居復興スタジアムではフィジー代表に対し、華麗な勝利を収めた日本代表。否が応でも期待が高まります。私たちも、ワクワクする気持ちとともに会場入り。日本代表への想いをはがきに書いて、その想いを日本代表に届ける施策「POST to the FUTURE」の特設ブースの準備を行います。

会場に入ると、まず目につくのは、幅5mサイズの巨大ラグビーボール。バルーンで作られたこのオブジェはフォトスポットとして大人気となり、テンションの上がった お子さんがお母さん・お父さんを引っ張って写真を撮りに並ぶ微笑ましい様子も見られました。

応援にやってきたのは総勢2万940人もの観客たち。赤と白で彩られる日本代表のさくらジャージを着た多くの観客が、広場に集まる様子は壮観です!

19時過ぎのキックオフまで観客を楽しませてくれたのは、たこ焼き、とり天&からあげ食べ比べ、カツサンドなどを販売するグルメブースでした。さすが食い倒れの街、大阪。観客を飽きさせないラインナップで会場を活気づけ、グルメは飛ぶように売れていきました。

想いを込めたはがきで、
日本代表の一員に!

ナイターをワクワクしながら待つ来場者たちの興奮に応えるように、気温はどんどん上がり、この日は最高気温36℃の猛暑日となりました。そんな暑い会場に、日本郵便スタッフの大きな声が響きます。

「日本代表への想いを込めた、直筆のはがきが直接、日本代表に届きますよ!」

直筆のはがきが日本代表に直接届くことを聞きつけた来場者たちが次々と「POST to the FUTURE」ブースを訪れ、多いときは一度に30名以上が訪れ大盛況に。

はがきを書く人たちの顔は真剣そのもの。米粒ほどの小さな文字ではがきにびっしりと書く女性。一文字入魂とばかりに「頑張れ!」の一言を力強く書くラグビー経験者の男子中学生。誰が一番多く書くかを言い争いながら1 枚のはがきを交代で書く兄弟。「もうすぐキックオフだよ!」と母親に急かされながらも、座り込んで一生懸命言葉を考える女の子。父親に代筆してもらうため「にっぽん頑張って」と小さく口に出す幼児。

想いを文字に託すとき、私たちはいつもより少し自由になります。なかなか言えない応援や共感の気持ちに素直になれたり、少し恥ずかしいけどイラストを描いてみたり。

「書いていると想いがどんどん溢れてきた」
「想いのこもったこの手紙が、少しでも日本代表のパワーになれば嬉しい」
「手書きで書いたことで、自分も日本代表の一員に加われたような気がする」

はがきを書いた方たちからは、こんな感想をいただくことができました。

時間と手間をたっぷりかけて書いたはがきをポストに入れて、スタジアムに向かう方たちの表情はとても前向きで生き生きとしています。「日本代表が絶対に勝つ!」という気持ちが一層強まった様子!試合が楽しみです。

生まれ変わった聖地・花園でトンガと肉弾戦!

応援の気持ちもピークに達した19:10、待ちに待ったキックオフです!2万人を超える観客が大声援を送り、スタンドは日本代表カラーの赤で染まりました。ラグビーの聖地花園スタジアムは2018 年に改修工事を行い、北側スタンドや照明設備、大型ビジョンなどを新設しました。おかげでナイターでも選手たちの姿がくっきり鮮やかに見え、応援にも力が入ります。

海鷲を意味する「イカレ・タヒ」の愛称を持つトンガ代表。世界ランキングでいえば日本代表の方が格上ですが、体重155キロの選手を擁し、パワーを前面に押し出してくるプレースタイルには全く気が抜けません。初戦のフィジー代表より肉弾戦でのパワーやタフさが求められます。

そんな中、日本の選手はトンガの選手に2人がかりでタックルに入り前進を阻み、強固なディフェンスを見せます!巨漢のトンガ選手に果敢にタックルをするたび、2万人を超える観客たちから歓声が上がります。 声援に後押しされ、日本が先制トライを奪取!その後も3つのトライを重ね21対0で折り返します。

後半も華麗なジャンピングトライがくりだし、ゴール正面のペナルティゴールを確実に決めるなど、トンガを圧倒していきました。

きっと、はがきに書いたたくさんの想いが伝わったのでしょう。結果は41-7で日本が圧勝!スタンドを後にする応援団の興奮はなかなか冷めず、いつまでも勝利の余韻を味わっているようです。

「音と迫力がすごい!」
「全力で試合に取り組んでいる選手たちの姿を見て、明日からの仕事を頑張ろうと思いました!」
「試合が終わると敵味方無しという姿勢が最高!」

勝利に向かって挑戦し続ける選手たちの姿は、たくさんの元気と活力を私たちに与えてくれました。また、ここに新しいラグビーの歴史が紡がれました。

9月6日(金)の県営熊谷ラグビー場での南アフリカ代表戦、そしてその先の未来に向けて、ラグビー日本代表は着々と勢いをつけています。ぜひみなさんもはがきに応援メッセージを書いて、選手たちに想いを届けましょう。POST to the FUTURE へのご参加をお待ちしています!

イベントにお越しになった方に想いを聞いてみました! イベントにお越しになった方に想いを聞いてみました!

前回の2015 年大会で、日本は3 勝したものの得失点差で次に進めなかったので、今回はきっちり勝って予選を突破してほしいと思ってはがきには「GO JAPAN!」と書きました。今の時代は手書きが少なくなってきていますが、今回はがきに書いたことで、少しでも気持ちが日本代表に届けば良いなと思いました。

怪我を乗り越えて頑張る選手や、倒れても何度でも立ち上がる姿に僕は何度も勇気をもらったので、今後もラグビーの力で日本中を驚かせてほしいと思います。はがきに想いを書いたことで、日本代表の粘り強いスタミナプレイにいつも感動していることが伝わればいいなと想います。頑張れ、日本!

今日は熊本から応援に来ました。私は以前病気のため外出を避けていましたが、地震後に開催された復興マッチを観に行ってすごく元気を貰ったんです。一生懸命な選手の姿が自分に重なり、「ラグビーをもっと観に行きたい!」と思って、今日が花園デビューです!感謝の気持ちや応援の想いを直接届けることができて嬉しいです。怪我をしないで活躍を見せてください。頑張れ、ジャパン!

ラグビーは、一人がみんなのために、みんなが一人のために頑張って、トライまで導くところが魅力だと思います。はがきに書ききれないくらい日本代表への想いがありますが、それが少しでも選手の方に伝われば良いと思って一生懸命書きました。はがきを書くのはちょっと恥ずかしかったですが、想いが伝われば嬉しいです。

はがきには「自分のプレイに後悔のないようベストを尽くしてください」と書きました。書くことで想いがどんどん溢れてきて、これが選手たちに伝わると思うと緊張しますけれど、大事に書いたので想いが伝わればいいなと思います。想いが形に残るところも手書きの良さだと思いました。頑張れ、日本!

私は今年看護師の国試を受けようとしているので、日本代表からパワーを貰って頑張りたいなと思っています。僕もいつも試合をテレビで見て、頑張っている日本代表の姿から元気を貰っています。自分の手で書いたことで、自分も日本代表の一部に加われている気がしました。感動の試合を期待しています!

僕も息子もラグビー経験があるので、今日は気合いを込めて応援に来ました。僕がラグビーをしていた時代は日本がここまで強くなるとは思いもしませんでした。息子には日本代表と同じように強くなってほしいと思います。頑張れ、日本!

僕たち応援団も一緒に戦っている気持ちでいることが伝われば嬉しいと思ってはがきを書きました。手書きで書くのがけっこう楽しかったです。日本代表からいつもパワーを貰っているので感謝の気持ちでいっぱいです。

手書きだとより気持ちが伝わる感じがしました。選手たちが熱く戦っている姿を見て、私たちも色々なことにトライしたいなと思います。Enjoy、ラグビー!

京都から応援に来ました。怪我をして出場できない選手もいるので、復帰できたらまた頑張ってほしいです。日本代表頑張れ!

2015 年大会の南アフリカ戦の歴史的勝利で感動して以来、僕の人生は変わりました!日本代表からずっと勇気をもらっています。はがきを書いているとどんどんワクワクしてきて、感動でいっぱいになりました。頑張れ、日本!

強豪国に比べたら体の小さい日本人がどうやって闘っていくかが楽しみです。日本全国どこでも応援しているので頑張ってください!トライをとるぞ!

良い選手がどんどん出てきているので、一丸となって頑張ってほしいと思います。日本らしい華麗なトライを楽しみにしています。今まで練習してきたものを存分に発揮して、勝利に向かって突き進んでください!ファイト!

静岡から応援に来ました。走って走って、タックルされてもまた走り続ける選手たちが大好きです。はがきには「絶対勝って」って書きました。はがきを読んで「頑張るぞ!」という気持ちになってほしいです。優勝目指して頑張れ!

今年は日本大会ということもあり、ぜひベストを尽くして頑張ってほしいです。世界中に日本のラグビーの凄さを伝えてほしいなと思ってはがきに想いを書きました。メッセージを伝える機会はあまり無いので、少しでも気持ちが届いて選手のパワーになれば嬉しいです。頑張れ、日本!

はがきには「日本頑張れ!」や、ラグビーボールのイラストを描きました。怪我をして復帰したばかりの選手もいるので、怪我に気をつけて頑張ってほしいです。頑張れ、日本!