ページの先頭です
ページ内移動用のリンクです
ヘッダーメニューへ移動します
サイト内共通メニューへ移動します
本文へ移動します
カテゴリ共通メニューへ移動します

日本郵政

そばにいるから、できることがある。

ここからヘッダーメニューです
ヘッダーメニューはここまでです
現在位置:
日本郵政ホームの中の1
CSRの中の3
JP子どもの森づくり運動の中の3
第3回いきものにぎわい企業活動コンテストで国土緑化推進機構理事長賞を受賞

第3回いきものにぎわい企業活動コンテストで国土緑化推進機構理事長賞を受賞

2014年11月25日

第3回いきものにぎわい企業活動コンテストで、日本郵政グループが支援する『JP子どもの森づくり運動「東北復興グリーンウェイブ」』が、公益社団法人 国土緑化推進機構理事長賞を受賞しました。
日本郵政グループは、今後もこの運動の支援などを通じて、持続可能な社会の実現に取り組んでいきます。

JP子どもの森づくり運動「東北復興グリーンウェイブ」の概要

「東北復興グリーンウェイブ」は、2012年からNPO法人子どもの森づくり推進ネットワークとともに進めている活動で、1年目に東日本大震災の被災地で、園児がドングリを拾い、全国の参加園に送り、2年目にドングリの苗木を育て、3年目に被災地に戻して植える活動です。
この活動のねらいは、1.東日本大震災の被災地と全国の幼稚園・保育園児たちが、ドングリを育てる活動を通じて、「共に生きる心」を育むこと、2.被災地のドングリを、全国で育て、被災地に植えることで、被災地の森の生物多様性の再生活動に貢献すること、3.この活動を、「グリーンウェイブ」活動として世界の子どもたちの環境活動につなげること、にあります。
本年5月22日、岩手県山田町で、地元町長の参加を得て、地元の園児たち87名が参加し、第1回植樹会を実施しました。2014年9月現在、全国58園、約3,000人の園児がこの運動に参加しています。

いきものにぎわい企業活動コンテストの概要

いきものにぎわい企業活動コンテストは、2010年、名古屋市で開催された「生物多様性条約第10回締約国会議(COP10)」を契機に、企業が地域社会や市民団体などと一緒に取り組む、森づくり、里山・湿原・干潟・河川・湖沼の保全・再生など、豊かな生物多様性の保全や持続的な利用等の優れた実践活動を、顕彰するために創設されました。
今年度の表彰式は、11月8日(土曜日)、愛知県名古屋市において、ESDユネスコ世界会議(11月10日から12日)の併設イベントとして実施されました。

第1回植樹会(2014年5月30日)開会式の全景・集合写真

第1回植樹会(2014年5月30日)植樹風景

第3回いきものにぎわい企業活動コンテスト(2014年11月8日)表彰式

第3回いきものにぎわい企業活動コンテスト(2014年11月8日)表彰状
ここからフッターメニューです
 
フッターメニューはここまでです
 
日本郵政株式会社
よくあるご質問・お問い合わせ
サイトのご利用について
プライバシーポリシー
アクセシビリティ
サイトマップ
English
ページの先頭へ戻る

ページの終わりです